取材に参加し、潜在保育士としての声を届けませんか?

待機児童や保育士不足が問題となっており保育士確保のための対策が行われていますが、いまだ低賃金や労働条件に関する課題が多く残っています。そのような中、政府は現場復帰してくれる潜在保育士の方を増やすための施策も試みています。

ほいくらいふでは潜在保育士の方の声を世間に届けるため、取材をお受けしていただける方を募集しております。

取材の詳細

取材対象者

取材の対象者は、下記の条件に合う方を募集しております。

1.以前に都内の認可保育園で働いていたが、低賃金・過酷な労働条件を理由退職、あるいは他の業種に転職された元保育士(保育士の資格を有する)の方

2.都内在住の方、または、関東にお住まいで以前、認可保育園で働いていた方

3.女性の方

4.実名・顔出しがOKの方

取材日程・場所

日程:2016年7月22日までのご都合の良い日

場所:応募者の方の都合の良い場所

取材内容

・保育士としての経験、保育士を辞められた経緯

・保育士の賃金や労働環境

・政府の提唱している潜在保育士の現場復帰を奨励する施策

取材元

取材は、ほいくらいふではなく、bloomberg(ブルームバーグニュース)が行います。

取材記事について

記事は原則的に日本語と英語の2カ国語で専用端末「ブルームバーグ・プロフェッショナ ル」上に配信します。

配信された記事は、ブルームバーグが所有するビジネス雑誌「ビジネースウィーク」の他、ジャパンタイムズ、インターナショナ ル・ヘラルド・トリビューン(アジア版)、ニューヨークタイムズ、ワシントンポストなどの英字新聞などにも掲載される可能性があります。

bloomberg(ブルームバーグニュース)のホームページ
≫日本語版
≫英語版

応募方法

下記の応募フォームに記載の上応募ください。応募後は、取材日程や場所の調整についてほいくらいふの担当者から連絡があります。

皆さまの声をお聞かせください!ご協力よろしくお願いいたします。

応募後、ほいくらいふから連絡をさせていただきたいので、ドメイン指定受信など迷惑メール対策をされている方はhoiku-me.comからのメールが届くように設定をお願い致します。

メールアドレス必須
お名前必須
住所必須 【※県と区のみ記載(例:東京都墨田区)】
年齢必須
性別必須
現在の職業必須
取材に関する不明点・質問