ログイン登録

明日の保育がもっと楽しくなるサイト

メニュー
  • ホーム
  • >
  • 日々の活動
  • >
  • 保育室に子どもたちと…

    保育室に子どもたちと一緒にお花を!簡単にできるかわいいフラワーアレンジメント

保育室に子どもたちと一緒にお花を!簡単にできるかわいいフラワーアレンジメント

植物大好きmidorinoyubiです。子どもと一緒に自然を楽しむ方法をご紹介していきたいと思います。
もうすぐ卒園の季節がやってきます。お別れ会の準備などをそろそろしなくては…と考えている先生も多いことでしょう。年長さんたちを送り出すお別れ会や卒園式に、今年は小さなお花を添えてみてはいかがでしょうか。特別に何かを買わなくても簡単にできる生花のフラワーアレンジメントをご紹介します!

身の回りの植物で作るフラワーアレンジメント


少し気をつけてみてみると、私たちの身の回りにはいろんな植物があります。何気ない周りの自然に目を向けて、子どもたちと一緒にお花を生けるのはとても楽しいです。
子どもは大人が思いもしないような芸術的なセンスで素敵にお花を飾ってくれます。また保護者の方たちと一緒に生けるのも楽しく、お花を摘んで生けることにお母さんたちも夢中になります。

一斉保育で全員が作るには、先生にも少々技術も準備も必要となるので、まずは自由遊びの時間に何人かの子どもとやってみてはいかがでしょう。帰りの時間に作ったアレンジメントをみんなに紹介すれば、他の子どもたちも興味がわくと思います。その日のうちにお花を贈りたいお友達のクラスにお届けするのもよいですね!

フラワーアレンジメントの準備

器の選び方

器を新しく買う必要はありません。ジャムなどの空きビンで十分。
背が高いものだと倒れやすいので、安定感を確かめてください。100円ショップでも小さな瓶や花瓶を売っています。

お花の選び方

お花を買ってくると意外と値がはるものです。予算を見積もって主任の先生にお願いするのも難しい!そこで、園内の子どもたちにもなじみのある花で生けてみるのはどうでしょう。園庭やプランターにパンジーやビオラ、スイセンの花は咲いていないでしょうか。園の中にシクラメンの鉢植えはないでしょうか。身近な花で春らしいアレンジメントができます。

春の庭にはこんなにいろんなものが!!ちょっとお庭を歩いてみたらこんなものがありました。
 

ヤツデ おもしろい形です

ニホンスイセン いい香りがします

シクラメンの鉢植えからも、お花をちょっともらえます


ユリオプスデイジー 一度植えると冬越しして年中花をつけてくれるすぐれものです

花を引き立たせる生け方

お花だけにしないことが重要。花を引き立たせるためには、グリーン(葉っぱ)が必要です。グリーンを主体に生けてから、少し花を足すときれいに仕上がります。グリーンで固めたところに花を生けることによって花の位置も安定します。
ボリュームとして グリーン7:お花3 くらいのつもりで。

グリーンのおすすめはアイビー。冬場でもきれいなグリーンを保っています。お散歩で見つけたヨモギやナズナなどの「雑草」といわれているものもつかえます。春のお花のおすすめはスイセンやシクラメン。摘んできたときに茎を長く取ることができ、花も比較的長もちです。

さて、こんな植物たちを取ってきました。グリーンとお花のボリュームを較べて見て下さい!
お花はほんの少しでいいのです。

生け方の手順

1.アイビーなどのグリーンをビンのふちを隠すように全体に生けます(この写真ではビンにお水を入れていませんが、皆さんが生ける時にはお水をビンのふちまで入れて下さいね)。ビンのふちを隠すように、ビンからこぼれ出るようなかんじで生けることで、器と植物の一体感が生まれます。

ビンのふちより下にまで植物が垂れさがるように生けるのがポイント!

次に「雑草的」なものを加えてみます。

左から、ミント・チェリーセイジ・ホトケノザ・タデの仲間
街中でもよく見かけるものばかりです。

アイビーに ミントなどの草を加えて ベースになる形をつくってみました。

 
2.アイビーの間にシクラメン、スイセンなどの花を生けます。園庭などから花を取ってくる場合はなるべく茎を長く切ります。ビンの大きさにもよりますが、花の数は多くしすぎないことがきれいに見せるポイントです。

 
 
3.リボンを針金につけてアレンジに加えると特別な感じになります。プレゼントにしてもよいですね

4.お花によっては数日でしおれてしまうものもあります。アレンジメントを飾る前々日~前日に作るのがベストかもしれません。先生が多少の予備を用意して、差し替える等の手直しが必要になることもあるので、心づもりを。

身近なお花で感謝の気持ちを~手づくりフラワーアレンジメントに挑戦~


先生や子どもたちの心のこもった手作りのアレンジメントで、「ありがとう・げんきでね」の気持ちをあらわせたら、子どもたちの達成感も高まるのではないでしょうか。いつものお散歩や自由遊びの時間、少し違った視点で自然を楽しんでみてください。子どもたちの中に自然への新しい興味の芽が育つことでしょう!!そして、先生方も自然を楽しんでください!!Enjoy Nature!!

おまけ:卵の形のろうそくを添えて イースターの飾りに。ちなみに今年のイースターは4月16日の日曜です♪

スポンサーリンク

合わせて読みたい

新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

コメントをどうぞ

この記事を書いた人

midorinoyubi
植物大好き人間です。子どもたちが自然に対する驚きや感動の気持ちを持ってくれるとよいなぁ、と思っています。落ち葉の形や手触りを楽しむこと、身近に咲く花の不思議な形に驚くこと、耳をすませて風の音を聞くこと、小さい頃に心に刻まれたことは一生の宝。とはいえ、保育の現場は猫の手も借りたいほど忙しい!!そんな中で、手間をかけずに、花や野菜を育てること、身近な自然を子どもたちと楽しむためのアイディアを共有させて下さい♪保育者の皆さんの植物に関する疑問やご意見も伺えたら嬉しいです。
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他
/
/