ログイン登録

明日の保育がもっと楽しくなるサイト

メニュー
  • ホーム
  • >
  • 日々の活動
  • >
  • 絵画
  • >
  • 子どものお絵かきから…

    子どものお絵かきから心を覗こう!心理学から見る色の意味

子どものお絵かきから心を覗こう!心理学から見る色の意味

色彩心理学

子どもの”絵”って見ていると、とても面白く、奥深いですよね。紙に向かって集中して描いている姿に成長を感じたり、だんだん色をしっかり塗ることができるようになったりする姿を見るのはとても嬉しいですよね。

子どもたちにとって絵を描くことは、自己表現の方法の一つですね。子どもたちが今使いたい色を自分で選び、頭の中の世界を手で描いているようです。

そんな自己表現の中で普段と違う色や描き方をしていたら、それはもしかしたら、環境や心理など何かきっかけがあったのかもしれません。「色は感情のはけ口」とも言われています。子どもたちの小さな変化も見逃さないように「描いた絵の色から」気づくヒントを紹介します。

子どもの選ぶ色と意味

臨床心理士の話では、子どもの選ぶ色は心の状態を表しているのだそう。

保護者の趣向が影響することも少なくないそうなのですが、子どもの心の変化ほど使う色に現れてしまうのだとか。

そんな子どもの変化に気づくポイントは『いつもと違う色を選んで絵を描いているとき』
いつもと違う。そんな変化を見逃さないようにしていきたいですね。

赤色

赤
通常:元気で活動的心身ともに健全な色。
変化:黒と同時に使われると…愛情不足、自己主張

桃色

ピンク
通常:幸せな時だとよく選ばれる。
変化:好きな子がいる時にも選ばれる。

黄色

黄色
通常:楽しいとき、うれしいときによく選ばれる。
変化:甘えたい時、自分を見てほしいときにも選ばれる。

みどり
通常:落ち着いた心理状態を表す色。
変化:普段活発な子が緑を多用する場合は、体が疲れている、休みたいという気持ちが表れていることもある。

青
通常:自立心を表す。
変化:気が滅入っているとき、眠いときにも選ばれる。

水色

水色
通常:素直で従順な気持ちを表す。

紫
通常:ショックな出来事や体調が良く無い時に癒しを求めてる気持を表します。

白
通常:気分を変えたい時によく選ばれます。

カメラ
通常:恐怖、不安など不安などの負の感情を表します。
変化:特に本来黒でない物を黒く塗りつぶしたら要注意です。

おわりに

保育の現場で使うのに最適な色鉛筆やクレヨンの色の数は最高16色までが多いようです。

カラフルな絵を描いてほしいと思うと、たくさんの色を渡したくなってしまいがちですが、大人と比べると、子どもたちはたくさんの物の中から一つを選ぶことが得意ではありません。

なかなか絵を描かない子は、色が多すぎて迷って描くことができないのかもしれません。

そんな時は、その子の持っている色の数を少なくしてあげると絵を描きだすことができるかもしれませんね。

スポンサーリンク

合わせて読みたい

新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

5件のトラックバック

この記事を書いた人

ほいくらいふ運営部
明日の保育がもっと楽しくなるサイト「ほいくらいふ」です。 日々の保育に役立つような制作アイディアや保育の豆知識を公開中です。 保育に関わる人全てに保育がより楽しくなってもらえるよう様々な取り組みをしていきたいと思っています。 Facebook,twitterもやっていますのでそちらもよろしくお願いします!
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他
/
/