ほいくらいふ >  保育室にも植物を!

保育室にも植物を!

生き物・植物

最終更新日:2016/01/19

midorinoyubimidorinoyubi

553

保育室にほんの少しでも植物があると雰囲気が変わると思うんです。でも、子どもが倒してしまうかもしれない、手入れが大変だとか、いろいろあってなかなか難しいかもしれません。

私は「ぶら下げる」スタイルをとって保育室に緑や花を飾っています。写真のサルは、ずっと前に雑貨屋さんで見つけたものなのですが、子どもの手が届かない位置にぶらさげています。

挿してある植物は「アイビー」。これ、何も手入れしなくても、水さえ時々足してやれば、いつまでもイキイキ。そして、しばらくすると、水の中で根っこを出すのです。その様子を子どもたちと時々観察して、根っこが生えたものを鉢植えにして育てたこともあります。

対象年齢

だれでも歳~

所要時間

1分

コツ・ポイント

ちょっとだけ、お花やグリーンがあると、お部屋の雰囲気がやわらかくなるし、植物を育てる喜びもあるし、「ぶらさげる」スタイルにしておけば、子どもが倒して「あちゃー!!」ってこともないし、おススメです。

「ぶら下げる」器がなかったら、ヤクルト容器にリボンや麻ひもを結び付けて、自分で作ってよいと思います。クリスマスの時期は赤いリボンでぶら下げると、素敵でした。

スポンサーリンク

関連する記事


新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

コメントは停止中です。

この記事を書いた人

midorinoyubi
植物大好き人間です。子どもたちが自然に対する驚きや感動の気持ちを持ってくれるとよいなぁ、と思っています。落ち葉の形や手触りを楽しむこと、身近に咲く花の不思議な形に驚くこと、耳をすませて風の音を聞くこと、小さい頃に心に刻まれたことは一生の宝。とはいえ、保育の現場は猫の手も借りたいほど忙しい!!そんな中で、手間をかけずに、花や野菜を育てること、身近な自然を子どもたちと楽しむためのアイディアを共有させて下さい♪保育者の皆さんの植物に関する疑問やご意見も伺えたら嬉しいです。
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他
/
/