ほいくらいふ >  2学期からの栽培にオススメの植物・野菜

2学期からの栽培にオススメの植物・野菜

生き物・植物

最終更新日:2016/07/25

midorinoyubimidorinoyubi

364

多くの幼稚園では夏休みに入ってほっとしたところだと思います。

さて、1学期にキュウリやトマトなど夏野菜を収穫した後、9月入ってすぐに種をまくと育つ野菜がたくさんあります。秋からの野菜栽培は害虫や病気も少なく、春夏野菜よりも簡単なものが多いです。

プランターでもできるオススメは
★9月初め~中旬に種まき
コマツナ、ハツカダイコン、サニーレタス、シュンギク(2~3週間で間引きを兼ねた収穫がはじまります)

★9月下旬に種まきでも大丈夫なもの
ホウレンソウ(多少気温が下がっても発芽します、1か月後くらいから少しずつ収穫できます)

★10月中旬11月から種まきがよいもの
サヤエンドウ(来年4月ごろ収穫できる)

対象年齢

2歳~

所要時間

10分

コツ・ポイント

サヤエンドウとシュンギクは来年の春にきれいな花を咲かせてくれます。そのまま放っておいて、来年の春夏野菜を植えるまで、花を楽しむことができます(画像はシュンギクの花 http://mimosa.weblogs.jp/photos/ginhana2/index.html より)

2学期からの月案にどうぞ栽培を加えてみてください!自分たちで作った野菜でのクッキング、楽しいですよ。そして、食べるための栽培が終わった後、花を楽しんで、種を取るところまでやると、命の循環を知ることができますよね!

スポンサーリンク

関連する記事


新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

  1. プロフィール写真

    ほいくらいふ運営部さん(2016年9月26日)

    参考にさせていただきました!

コメントをどうぞ

この記事を書いた人

midorinoyubi
植物大好き人間です。子どもたちが自然に対する驚きや感動の気持ちを持ってくれるとよいなぁ、と思っています。落ち葉の形や手触りを楽しむこと、身近に咲く花の不思議な形に驚くこと、耳をすませて風の音を聞くこと、小さい頃に心に刻まれたことは一生の宝。とはいえ、保育の現場は猫の手も借りたいほど忙しい!!そんな中で、手間をかけずに、花や野菜を育てること、身近な自然を子どもたちと楽しむためのアイディアを共有させて下さい♪保育者の皆さんの植物に関する疑問やご意見も伺えたら嬉しいです。
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他
/
/