ほいくらいふ >  風船を使った音楽遊び~七五三にも使えるテーマ活動~

風船を使った音楽遊び~七五三にも使えるテーマ活動~

歌・ピアノ

小倉 陽子小倉 陽子

8,227

今回は「風船を使った音楽遊び」をご紹介します。

七五三のお祝い遊びにもオススメ『おめでとう♪ふうせん』

七五三の頃、親子のための音楽遊び活動において、お祝いの活動をしたく、『おめでとう♪ふうせん』というテーマで遊びました。風船遊びは七五三だけでなく、年間を通していつでもできますので、いつもの風船遊びにプラスして音楽遊びも楽しんでいただけたらと思います。

導入活動は、七五三にちなんだものと、日常的な保育で使えるものをご紹介します。

導入~七五三~

七五三音楽遊び_千歳飴

七五三と言えば…
【♪とおりゃんせ】
子どもたち同士で長い列を作って、進んでいきます。関所は、先生2人でアーチを作ったり、大きなフープを使ったりして遊びましょう。

♪いきはよいよい かえりはこわい…
この辺りからアップテンポにし、早足で通るようにすると、歓声もあがり楽しくなります。

♪とおりゃんせ を楽しんだ長い列のまま、シアターの場所に子どもたちを誘導して…。

【七五三シアター】
11月15日は、子どもたちの健やかな成長を願う「七五三」です。子どもたちにシアターを用いて、わかりやすく七五三の話をします。園によっては、「千歳飴の袋」の制作を行っているかもしれませんね。その時は、各クラスの千歳飴の袋を紹介してあげるとよいでしょう。

そして、お話の後「七五三を迎えたお友だちに、おめでとうを言いましょう!」と、おめでとうコールをします☆

さて、七五三のお参りでいただくのは…
「”お守り””千歳飴(鶴亀・松竹梅)” それからそれから、”七五三風船”」

「お祝いにいただくもので紹介したコレ!みんな大好きだよね。」といった流れで、本物の風船を出します。  

▼とおりゃんせ

♪とおりゃんせ は七五三を歌った歌という説があるので、七五三の導入にピッタリです。

導入~日常保育①~あそびうた♪ふうせんを使って~

裏表式のペープサートやパネルシアターを準備して楽しみます。アレンジを楽しめるあそびうたですので、年齢、クラスに応じて、いろいろなバリエーションが創れます。

また、絵本『ふうせん(うたってあそぼ)アリス館』 は、イメージ遊び、表現遊びを楽しみながら読み聞かせができますよ。

▼あそびうた♪ふうせん(作詞:湯浅とんぼ 作曲:中川ひろたか)

導入~日常保育②~本物の風船を膨らませたり萎ませたり~

七五三音楽遊び_風船遊び

本物の風船を膨らませたり、萎ませたりするところを見せて楽しむのは、私の大好きな活動です。息を吹いて膨らませてもいいですし、バルーンポンプを使うなら声かけもできて便利です。

風船がだんだん大きくなる過程、大きくなった風船の口を押さえ、「プシューッ」っと萎ませるときの音や空気が出てくるときの感触など、感覚遊びとしてもとても楽しく遊べます。

導入~日常保育③~風船になって(だんだん大きく・だんだん小さく)~

七五三音楽遊び_風船を使った遊び方

イメージ表現遊びによる導入活動の例です。1人でも2人組でもいいです。風船になりきって、自分の体を伸ばすように大きくなったり、縮めて小さくなったりして遊びます。また、『プレイゴム』という手作り教具を使うと、クラスみんなで風船の表現が楽しめます。

音楽や歌に合わせて遊びます。風船がだんだん大きくなったり、だんだん小さくなったり、また更に大きくなって、限界まで大きくなると~、「パチン!」とはじける遊びです。

♪ふぅ、ふぅ、ふぅ、ふぅ、ふぅ、ふぅ、ふぅ、ふぅ 「ふくらんだよ」
(ドー レー ミー ファー ソー ラー シー ドー)※だんだん大きく歌ってください。

♪しゅぅ、しゅぅ、しゅぅ、しゅぅ、しゅぅ、しゅぅ、しゅぅ、しゅぅ 「しぼんじゃった」
(ドー シー ラー ソー ファー ミー レー ドー)※だんだん小さく 歌ってください。

♪ふぅ、ふぅ、ふぅ、ふぅ、ふぅ、ふぅ、ふぅ、ふぅ 「わぁー、こんなに大きくなっちゃった~」
(ドー レー ミー ファー ソー ラー シー ドー)※だんだん大きく、更にゆっくりと歌いあげてください。

「パチン!」
(低音から高音のグリッサンド)

☆萎むところは、「だんだん小さく」だけでなく、「すぐに小さく(シュルルルル~)」も取り入れると面白い動きになります。先ほど紹介した、パターン2の『本物の風船を膨らませたり萎ませたり』と合わせれば、風船を見ながらわかりやすく表現遊びができます。

さて、2歳児クラス以上であれば、『プレイゴム』でも遊べます。

七五三音楽遊び_風船プレイゴム
      
先生の歌声やピアノの即興演奏に合わせて、みんなでプレイゴムを大きく広げたり、小さく縮めたりして遊びます。

最後の「パチン!」と割れる部分は、みんなでカウントダウンを行い、手を離します。みんなの手を離すタイミングが合うと、きれいにプレイゴムが弾けるのが面白く、大歓声が起こりますよ。

2歳児、3歳児クラスでは、
ふぅーふぅー・・・・・・とプレイゴムを膨らませる時、子どもたちの口もいっぱいいっぱい膨らみ、かわいらしいです。風船を膨らませているイメージを持ちながら、しっかり表現してくれるのです。

「ねぇ、先生、また『ふうせん』しようね!」ってリクエストされるほど、プレイゴムの風船は大人気で、これまで数えきれないくらい楽しんできた活動の一つです。

『プレイゴム』につきましては、他の遊び方や作り方も含め、ブログでも紹介しています。
>プレイゴムの作り方
>プレイゴムの遊び方
>プレイゴムの導入
   

風船を使った音楽表現遊び ~ふわふわふうせん~

七五三遊び_風船遊び

さぁ、いよいよ本物の風船を使って遊びましょう。

私は、1人ひとりに風船を渡したら、しばらく自由に遊ぶ時間を設けるようにしていました。風船は、子どもたちにとって魅力的なものです。ですから、いきなり音楽遊びに入るよりも、自由に風船と戯れる時間を作り、子どもたちに満足してもらってから活動する方が、より先生の声や音楽に耳を傾けてくれると感じていたからです。

それでは、風船をポーンポーンとつきましょう♪
「ポーンポーン…」と声をかけてあげたり、ゆるやかな音楽を弾いたりします。

今度は、風船を手に持って、楽しく歩くよ~♪
時々、音楽を止めて、指定された体の部位に風船を「ぺったんこ」とくっつけます。ほっぺ、お胸を指示すると、「風船好き好き」っていう動きになりますね。

また、風船を手に持って、歩きましょう♪
頭や背中(おんぶ)、手のひらなどを指示します。「ぺったんこ」したまま、ゆっくり歩く動作も入れてみましょう。

お尻を指示すれば、ユーモラスで楽しくなります。「お尻フリフリ~って、あひるさんになっちゃうかな? それとも、風船椅子にしちゃうかな?」

※風船を手に持って歩くところは、ウキウキした感じを出すために、スキップの曲を使っても楽しいです。

また、楽しく歩いていると…
「風が吹いてきたよ、くるくる~」と回ったり、(トリル音→例:ドレドレドレ~など)

♪ふうせんはプン の歌にちなんで、お友だちの風船と「プン!」と軽くつつき合ったり、「ふわっ」と軽くちょっとだけ上に放ったりして遊びます。(スタッカートとレガート)

「鳥さんが、つついてきた、逃げろ~」など、いろいろ遊べます。

保育のヒント(活動の展開例)

七五三遊び_風船遊び_発展

お遊戯(ダンス)への展開

子どもたちの好きな曲を流し、風船を持って踊ります。先生の真似をして踊る部分、自由に踊る部分とメリハリをつけて楽しむといいでしょう。ラストは、一斉にポーンと上に放って盛り上げて終わりたいですね。

ゲーム遊びへの展開

チーム戦の風船送りや風船運びは定番のゲームですね。

また、音楽ゲームも楽しめます。輪体系に座り、1~2個の風船を音楽に合わせて回す遊びです。音楽を止めたり、速くしたり遅くしたりしてみましょう。音楽が止まった時、風船を持っているお友だちが何をするかは、先生のアイデア次第でお楽しみください。

制作遊びへの展開

・風船ペット
風船に動物さんの耳や足をくっつけ、風船の口に紐をつけて、かわいいペットを作って遊びます。

・風船貼り子
完成に時間はかかりますが、置物や貯金箱、帽子にお面など、いろいろ作れます。年末年始なら「だるまさん」制作、また、お店やさんごっこの商品や造形展の作品作り、鬼のお面など、制作活動への展開は豊かに広がりますね。

おまけの時間

親子向け音楽遊びで取り入れていた最後の演出です。

みんなで楽しく遊んだ風船を大布に入れます。ちなみに、大布はオーガンジーパラシュートを使っていました。

七五三音楽遊び_風船オーガンジー

このオーガンジーパラシュートにみんなの風船をのせて、「ふ~わふ~わ」させて遊びます。やさしい音楽を流し、小さくパタパタしたり、大きくパタパタしたりして楽しみました。

オーガンジーパラシュートに風船をのせて遊ぶのは、夏には海のイメージの青い風船で、また冬には雪のイメージの白い風船をパタパタさせて遊びました。オーガンジーパラシュートをイメージの単色布にして、カラフルな風船を入れて楽しむこともできるでしょう。

こちらも先生方のアイデアで、いろいろな遊びに展開できることと思います。どうぞ、お楽しみください。
―――
小倉さんのブログには、保育で活用できる遊びが多く載っています!

小倉陽子さんのブログはこちら→ブログ『ココロにおんがくのタネ.をまこう』

関連する記事

関連するキーワード

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を書いた人

小倉 陽子
音楽あそびの案内役 小倉陽子 【資格】保育士/認定心理士/NLPプラクティショナー・マスター1 小さい頃からの童謡好き。習っていたのはエレクトーン。 夫とは半年間の日本一周をして、結婚! 現在、高齢初産で授かった息子(1歳)の子育てを満喫中‼︎ →ブログはこちら
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他
/
/