ほいくらいふ >  卒園式にオススメの歌♪~世界に一つだけのオリジナルソング~

卒園式にオススメの歌♪~世界に一つだけのオリジナルソング~

歌・ピアノ

kakko

藤本ちか藤本ちか

10,574

年が明けると、卒園式に向けての準備が徐々にはじまります。卒園式では、先生や友だちとの思い出を振り返る歌や、保護者への感謝の気持ちを込めた歌を歌う保育園や幼稚園も多いでしょう。今回は、私が作詞作曲をした卒園ソング『せんせい、ありがとう』をご紹介します。『せんせい、ありがとう』の歌は自分たちで歌詞を替えてオリジナルの歌にすることもできます!

卒園ソングが完成するまで~”歌のプレゼント”が持つチカラ~

卒園式_歌のプレゼント

卒園ソング『せんせい、ありがとう』が完成するきっかけとなった出来事があります。

ある保育園の舞台に私が立たせてもらった時、子どもたちからお礼に”歌のプレゼント”をもらったことがありました。照れ屋さん、元気っこ、おてんばさん…個性豊かでスクスクと育ってきた何十人もの子どもたちが、誰かのために心を合わせて、歌を歌う姿がとても美しく、気がつくと感動の涙がたまっていました。素敵な”歌のプレゼント”を考えてくださった先生方からも、心から感謝の気持ちをいただきました。

その後「私から、そんな先生方のために何かできないか」と考えるようになり、日々を過ごす中で「毎日、愛する子どもたちのために頑張る先生への歌は、今までになかったのではないか…」と思いました。「保育園や幼稚園でたくさん歌を歌ってきた子どもたちから、先生へ感謝の歌を…」と思い、卒園式の歌にピッタリな曲を作詞作曲してみました。

卒園式にオススメの歌『せんせい、ありがとう』

『せんせい、ありがとう』の歌を動画で紹介(歌詞付き)

みんなで歌って、大好きな先生へ感謝の気持ちを伝えよう

卒園式歌_卒園ソング動画

毎日が幸せな日の連続。一緒に過ごしたかけがえのない日々…子どもたちには曲を通して、毎日一生懸命子どもと向き合ってくれた先生へ感謝の気持ちを持つことや、感謝の思いを伝える大切さに気づいてほしいと思います。

歌詞は、「誰もが共感でき、歌いやすく、想像しやすいシンプルな内容」になっています。歌詞の(かっこ)の部分は、子どもたちと話し合って詞を変えることができ、大好きな先生のために世界に1つだけの特別な歌へと仕上げることができます。ぜひ卒園児クラスの担任の先生への歌のプレゼントとしてサプライズしてみてださい。

こんな時に歌いたい!『せんせい、ありがとう』の歌使用例

卒園式歌_せんせい、ありがとう

保育園児・幼稚園児・小学生以上と幅広い年齢層で歌うことができます。

節目の式にも使える 謝恩会・離任式・卒園式・卒業式
こんな時にも使える ・退職される先生へ贈る歌のプレゼントとして
・歌のプレゼントを贈る際にスライドショーで練習風景を流す時のBGMとして

楽譜・音源を無料で配布中

卒園式歌_楽譜無料配布

公開して現在に至るまで、楽譜のお問い合わせを数件いただいております。主に保護者の方、先生方から、「謝恩会で使いたい」「スライドショーのBGMに使用したのち、みんなで歌いたい」「退職される同僚の先生のために使用したい」と、メッセージをいただいております。ありがとうございます。

ご好評につき、ピアノの楽譜(PDF)とピアノ伴奏の音源(MP3)などを、無料で配布しております。ご希望の方は、下記のお問い合わせフォームから①②を記載の上お問い合わせください。

●必要記載事項●
①欲しい楽譜の曲名
②楽譜PDFデータを受け取るための連絡先・パソコンアドレス

≫お問い合わせフォームはこちら

卒園ソング以外にも、さまざまな音楽あそび歌を作っています!他の曲も知りたい方はこちら≫ちか先生HP

『せんせい、ありがとう』のイラスト担当者の紹介

卒園式歌_イラスト

卒園ソング『せんせい、ありがとう』の動画で描かれているイラストは、アメリカで活躍するイラストレーターYoko.さんにお願いしました。Yoko.さんは似顔絵や名刺、ウェルカムボードや本の表紙カバーなど、幅広いジャンルを手掛け、Facebookでは日常英語ワンフレーズというイラスト付きの英語を毎日更新しています。海外を飛び回りながら、イラストでレポートする日を夢見て活動中です!

Yoko.さんの作品をご覧になりたい方はこちら≫Yoko.のfacebookページ

関連する記事

関連するキーワード

コメント

コメントは停止中です。

この記事を書いた人

藤本ちか
元保育士、現在『リトミックとピアノ講師、遊び歌作家』です。 『大人も子どもも、すぐカンタンに歌える、遊べる、楽しめる、耳に残る』音楽作りがモットー。 『保育の音楽って難しくない、むしろ楽しすぎる!!』と思えるレッスンもおこなっている。 保育雑誌『新 幼児と保育(小学館)』に掲載や、オムニバスCDを発売する等、精力的に活動中。 →HPはこちら
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他
/
/