ログイン登録

明日の保育がもっと楽しくなるサイト

投稿する
メニュー

スグ簡単に遊べる0~5歳向けの春の遊び歌『つくしんぼう ニョッキ』

そもそも遊び歌とは…

確実な定義はありませんが、『1人~集団で行い、歌と遊びが伴ったもの』といえば分かりやすいでしょうか。日本独自の伝統的な遊び歌としては、わらべうた。
海外ではマザーグースがあげられます。手遊び歌や、まねっこ遊びなど、いろんな遊び歌が作られたり伝承さたりしています。

幼少期にさまざまな遊び歌に触れ楽しみながら、心身共に健やかな成長・発達を促していけると良いですね♪

親子遠足、ふれあい遊びにピッタリ♪

新学期にもオススメの遊び歌のご紹介です。0~5歳までが遊べ、1人から集団、異年齢で遊ぶこともできます。ポカポカ日和には、公園へお散歩に行った時など、ぜひこの歌を口ずさんで遊んでみてください♪

この歌遊びの良いところは保育園や幼稚園へ通う道端、お家でもスグにサクッと簡単にできるところです!

つくしんぼニョッキで遊ぼう♪

【乳児(0~2歳)の場合】

保育者や保護者が子どもを抱きかかえて、言われた数だけ”たかいたかい”をして、触れ合いを楽しみます。

◆効果◆
★触れ合い遊びは愛着形成(アタッチメント)の効果をもたらし、安心の基盤づくりになる。

★季節の植物に親しみを持つ。

【幼児(3~5歳)の場合】

★言われた数だけ、その場でジャンプをする。

★大縄遊びで、言われた数だけ回して飛ぶ。

★友達と2人組になり、手をつないで遊ぶ。

◆効果◆
1人遊び、並列遊びから友達の存在に気づき、友達と一緒に遊ぶ楽しさを知るようになる。

【先生にとっての利点】

★メロディは黒鍵だけで弾くことができる。

★ピアノが苦手な先生も弾きやすいメロディ。

★異年齢保育、親子遠足でも遊べる。

※他にもいろいろな活用方法ができると思いますので、年齢に合わせて工夫して活用いただけたらと思います!

▼つくしんぼう ニョッキ

手と手を合わせてしゃがむところから、ぜひ真似してみてくださいね♪

この遊びの教材が欲しい!

小学館の保育雑誌『新 幼児と保育』2015年4,5月号に『楽譜・遊び方』が掲載されています。すぐに遊べる『CD』も付いています。
⇒詳細はこちらから

制作者プロフィール

藤本ちかさん3
藤本ちかさん

元保育士。現在は音楽講師として、ピアノとリトミックに携わる。

また作詞作曲活動では、
『老若男女が簡単にスグに遊べる曲』
『耳に残って離れない、不思議な曲』
『発達年齢や目的に合わせた曲』を心掛けて行っている。

夢は、音楽で人を幸せにすること。教育番組へ作詞作曲を提供したり、CM音楽を作曲したり…音楽の素晴らしさを伝えて、社会現象を起こすこと。

王冠
受賞履歴

・ラポム大賞 子どもの歌部門
佳作(審査員:クニ河内さん)

・くまのがっこう大賞
 ⇒優秀賞と、ケロポンズ賞

・『第4回、第6回 A-1 あそびうたグランプリ』 出場
(審査員:中川ひろたかさん、新沢としひこさん、たにぞうさん、他)
受賞写真3

・保育雑誌『新 幼児と保育(小学館)』
数回、楽曲提供をおこなう。

・オムニバスCD(ソングブックカフェ)
⇒あそびうたグランプリ2012~A1優秀曲 オムニバスアルバム~

・絵本作家のぶみさんのキャラクター『あたまがふくしまちゃん』の応援ソングを有志で作成。
(担当:歌・作曲)

お問合せ

新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を書いた人

あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他

オススメサイト

サービス一覧
/
/