ログイン登録

明日の保育がもっと楽しくなるサイト

メニュー
  • ホーム
  • >
  • 日々の活動
  • >
  • 絵本
  • >
  • 絵本の読み聞かせのポ…

    絵本の読み聞かせのポイント!集団保育での絵本の読み方のコツ

絵本の読み聞かせのポイント!集団保育での絵本の読み方のコツ

子どもの成長と大きな関わりがある絵本。私たち大人も、子どもの頃に読み聞かせをしてもらったことは温かい思い出として記憶に残っていますよね。絵本は子どもに多くの良い効果をもたらします。今回は絵本を通して子どもがどのようなことを身につけるのか理解した上で、読み聞かせをするときのポイントについて考えてみましょう。

絵本って何?

絵本の定義は、その名の通り、「絵による本」のことです。絵本は大きく3つに分類することができます。

・物語絵本…書き手が読み手に対し、伝えたいことやテーマを持って創作した絵本。
・昔話絵本…昔話を絵本にしたもの。
・科学絵本…植物や動物に関する科学的な知識を学べる絵本。

絵本の効果

子どもは絵本を読むことで感動や想像力、言葉を習得します。

感動とは、絵を見て美しいと感じたり、笑ったり、共感したりすることで、心の成長につながります。読み手である保育者や一緒に聞いている友達と考えを共有し、分かち合うことも共感です。読み聞かせている間だけではなく、その前後の時間も大切にしたいですね。

子どもはもともと豊かな想像力を持っていますが、絵本を通してその想像力はさらに豊かになっていきます。大人は「文字を読んで絵を見る」ことが多いですが、子どもは「絵を見ながら耳で聞く」ことの方が多いのです。見て、聞いて、「この後どうなるのかな?」「こんな場所なのかな?」様々な思いをめぐらせています。この大人の視点と子どもの視点の違いを意識するだけでも、読み方が変わってきますよ。

そして、絵本は子どもにとって言葉を学ぶ絶好の機会です。言葉への好奇心を刺激されながら自然と身につけることができ、何かを感じ、違う考えに触れることで言葉が湧き出てきます。子どものためにつくられた絵本は美しい言葉であふれています。そんな原作者の思いも汲み取りながら、言葉のおもしろさを子どもたちに伝えてくださいね。

では、次に保育園や幼稚園で絵本の読み聞かせをするときのポイントを考えていきましょう。

年齢ごとの発達に応じた絵本の選び方

絵本を選ぶときに考えるべきことは「子どもの発達・興味・関心」です。読み聞かせをする子どもの年齢や、興味のあることをテーマに選ぶと良いです。

たとえば、基本的生活習慣を身につける2、3歳児であれば、食べ物や着替え、トイレなど、自分の生活と結びつく内容のものを読むと、絵本に興味を持ちながら、身につけようとする気持ちも育てることができます。
友達との関わりが増える4歳児であれば、人の気持ちや人間関係を扱った絵本を読むと、絵本から気づきを得ることができます。
5歳児になると「さみしい」「恥ずかしい」「せつない」など、さらに繊細な感情も芽生え、また、見えない世界にも興味を持ち始めます。心にしみるような話や、お化けの話なども喜んで聞いてくれるでしょう。

また、季節や行事とも関連させて絵本を選ぶと、内容をより効果的に伝えたり、子どもたちの気持ちを高めたりすることができます。遠足前にはお弁当やバスの絵本、夏には海やプールの絵本を読んでもいいですね。

集団保育での読み聞かせのポイント

幼稚園や保育園で絵本を読む場合、先生が大勢の子どもたちを前に読み聞かせをすることが多いと思います。集団保育での読み聞かせについて考えてみましょう。

導入

遊んでいた子どもたちを集め、活動の切り替えのときには、まだ子どもたちの気持ちが落ち着いていないこともあります。集中して絵本の世界に入るために、何か簡単なお話をしてみたり、手遊びをしたり、読み始める前に絵本に注目できるような働きかけができるといいですね。

絵本の見せ方

何人か子どもがいる場合、絵本の高さや持ち方、角度を工夫して、全員に見えているか確認しましょう。はじっこにいる子は意外と絵本のページが見えていないことがあります。よく見えていないと集中力が途切れてしまいますよ。見えやすい位置や座り方を考えておきましょう。また、スムーズに読み聞かせが進むよう、ページのめくり方も練習しておくといいですね。

読み方

いよいよ読み聞かせです。緊張すると声が小さくなってしまいがちなので、全員に声が届く大きさを意識しましょう。話し方に強弱をつけたり、調子を変えたりすると、読み手が意識したことが子どもたちに伝わりやすくなります。反対に、淡々とした調子で読むと、子どもが自由に想像できる幅が広がります。年齢によって読み方を変えるのもおすすめです。まだ長い文章が難しい乳児の場合は、表現豊かな読み方をすると引き込まれますし、自分で読んだり考えたりすることのできる年長児なら、淡々と文章を読んで子ども自身から湧き出てくる感情を味わうこともできますよ。

読み終わったあと

絵本を読み終わったらすぐに次の活動に移るのではなく、絵本の余韻を楽しむ時間をとってもいいですね。絵本の世界に入り込んでいる子どもたちが自然に戻ってこられるようにしましょう。先生や友達と感想を伝え合うと、さらに言葉や感情が深まります。このとき気をつけたいことは、大人の価値観を押し付けないことです。「〇〇はいけない」「〇〇はこんな人」と、保育者が決めるのではなく、子どもたち自身が考えられるような言葉かけにしましょう。読む人が自由に解釈できるのが絵本の良いところです。

何より大切なことは、大人も一緒に絵本を楽しみ、読み聞かせを通して温かい空間・時間を子どもと共有することです。技術だけにとらわれず、楽しんで読んでみてくださいね。

ぽっくる先生のサイトには、保育で役立つ遊びや制作も載っています!
サイトはこちら≫『保育士ぽっくる先生のサイト』
 

スポンサーリンク

合わせて読みたい

新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

コメントをどうぞ

この記事を書いた人

ぽっくる先生
現役保育士♪幼稚園に3年務めた後、保育園へ転職。幼稚園教諭、小学校教諭の免許を持ち、独学で保育士資格を取得しました。家庭教師や学童、塾など、様々な教育現場でのバイト経験もあります。趣味は旅行とカフェ巡り☆彡自身のブログ『保育士ぽっくる先生のブログ』では、日々の保育や壁面、製作など紹介しています(*^^*)→ブログはこちら
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他
/
/