ほいくらいふ >  かわいい星の作り方~紙テープだけで簡単に作れる裏ワザ~

かわいい星の作り方~紙テープだけで簡単に作れる裏ワザ~

制作

ほいくらいふ運営部ほいくらいふ運営部

5,643

保育室や行事の飾りつけが「ちょっと寂しいな」「もう少し温かみがほしいな」と思ったことはありませんか?そんな時には”星の飾り”がオススメ。短時間で手間をかけずに華やかさを演出できるので、忙しい保育士さんにピッタリです!

今回は簡単に作れる”立体的!星飾り”の作り方をご紹介します!

立体的星飾りの作り方

材料・作り方

●材料●
・紙テープ 30~40cm

●作り方●
星作り方_手順

●完成●
星作り方10

作り方の詳細・ポイント

STEP1:紙テープを30~40cmに切る

星作り方1
・折り紙を切ってつなげてもできます。

STEP2:結び目を作る

星作り方2
・先端で結ぶようにすると、この後の工程が進めやすくなります。

STEP3:結び目をつぶす

星作り方3
・隙間ができないようにつぶすと、できあがりの星の形がキレイになります。

STEP4:右側の部分は結び目にしまう

星作り方4
・しまった後に折り目をしっかりつけるとキレイに作れます。

STEP5:左側の部分を結び目に巻いていく

星作り方5-tile
・五角形のふちにしっかり合わせて折り返すときれいに巻けます。

STEP6:最後の部分を結び目にしまう

星作り方7-tile
・この時も折り目をしっかりつけます。

STEP7:五角形の辺を爪で押し空気を入れる

星作り方9
・一気に押すとつぶれてしまうので、バランスを見ながら少しずつつぶしていきます。

完成

星作り方10

保護者にも好評!星をオシャレに飾る方法

小さな立体の星は、飾り方によって印象が大きく変わります。ここでは、保護者の方も「どうやって作ったの?」と思わず聞きたくなるオシャレな飾り方を紹介します。

たくさん散りばめて…まるで夢の世界

立体の星をたくさん作って、机上などにただ散りばめるだけ!とても簡単です。今月の予定などと一緒に置いてもいいでしょう。乳児さんクラスでは口に入れたりする恐れがあるので、保護者目線の高い場所におくなどの配慮が必要です。

パステルカラーや原色、クラスカラーや季節にあった色で揃えても素敵ですね!

カップに入れてパーティ―気分

透明カップやプリンカップに入れて置くだけなので、手軽に取り組めます。容器に入っていますが、こちらも乳児さんクラスでは誤飲や誤嚥には注意してくださいね。同じ色の星をカップに入れておけば、まるでジュースのよう!幼児さんクラスでは、おままごとなどにも使えそうです。

ガーランド風にオシャレにしちゃおう

インテリアとしても人気が高いガーランド風。星の個数が少なくていいので、気軽に作れます。糸を通してつなげればオリジナルの飾りが完成!子どもの手の届かない壁に固定できるので、乳児さんクラスでも口に入れる心配をせずに飾ることができますね。

星をたくさん飾ったら…子どもたちと楽しみたい活動

保育室に星を飾り、星の世界に囲まれながら、子どもたちと絵本を読んだり歌を歌ったりするのも楽しいですよ!

子どもたちと読みたい星の絵本

七夕やクリスマスにもオススメな”星”がテーマの絵本。読んでいるとゆっくり落ち着いた気持ちになりそうです。

▲『みつけたよ、ぼくだけのほし』
男の子の夢は、星と友だちになること。毎晩星を眺めては「自分だけの星があったらな」と思っていました。星と会うために、ロケットで取りに行こうか、鳥に取ってきてもらおうか…といろいろ考えます。そのアイデアはとても斬新ですが、見ている子どもたちは共感し一緒にアイデアを出し合えます。男の子は星と友だちになれるのでしょうか?

▲『おほしさま かいて』
子どもたちに「おほしさま描いて」「どうやって描くの?」と言われたことはありませんか?この本はある絵描きが、頼まれるがまま星や太陽とさまざまな絵を描いていきます。最初は子どもだった絵描きも年をとっていき、ついには星空へ旅立つちょっぴり切ないお話。読み終わった後は星を描きたくなりますよ。

▲『おほしさま』
「おほしさまってどんな味がするのかな?」子ブタちゃんたちは興味津々です。絵の色合いが素敵で、しかけもあり想像力をかきたてるきっかけを与えてくれます。繰り返しのフレーズが出てくるので乳児さんでも楽しめます。

子どもたちと歌いたい星の歌

星の歌はきれいなフレーズの歌がたくさんあります。星の絵本を読んでゆったりした後に、子どもたちと一緒に歌うのはいかがでしょう。

▲『ほしのうた』
作詞:井出隆夫
作曲:渋谷毅

立体の星飾り_折り方

入園式や卒園式、クリスマスや七夕など、行事にも大活躍の星の飾り。飾りつけをしているとつい部屋を華やかにしたくて、装飾品の数が多くなってしまいがちです。しかし、飾りすぎは子どもたちが活動に集中ができない原因になることもあるので、バランスを考え飾っていくと良いですね。

関連する記事

関連するキーワード

コメント

  1. プロフィール写真

    あいさん(2016年6月16日)

    会員の方のみご覧いただけます

この記事を書いた人

ほいくらいふ運営部
明日の保育がもっと楽しくなるサイト「ほいくらいふ」です。 日々の保育に役立つような制作アイディアや保育の豆知識を公開中♪ 保育士/幼稚園教諭二種の資格をとり、私立幼稚園勤務、公立保育園へのボランティア、子どもスポーツクラブのボランティアを行いってきました。 現在は保育に関わるセミナーに参加したり、TwitterやFacebookなどで現役の保育士さんとのつながりを増やすことに力を入れています。 最近のマイブームは甥っ子と公園で遊ぶ事です。
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他
/
/