ログイン登録

明日の保育がもっと楽しくなるサイト

投稿する
メニュー

ひな祭りの桃の花(立体)❀作り方❀

お内裏様とお雛様だけではなんだかちょっぴり物足りなかったので…(^^)

対象年齢

保育者・大人向け

所要時間

20分

材料

  • 桃色・ピンクの折り紙(好きなサイズ)
  • 5枚
  • はさみ
  • 1本
  • 糊(ボンドや両面テープでも可)
  • 1個

作り方

1

折り紙を2回三角に折り、1回だけ開きます。(大きい三角に中心線をつけるための作業です。)

2

左右を中心線に合わせてそれぞれ三角に折ります。

3

手順2で出来た三角の袋の部分を開きます。この時に一旦裏側にして開き折りしていくと、元々ある線に沿う形で折れるので綺麗な仕上がりになります。凧の形が両サイドに出来ます。

4

手順3で折った凧の形の上の部分を手前に折り、三角を作ります。

5

両サイドの外側の部分を中心側に向かって折ります。(凧の形から手順4で三角になったものを、元からついている線のところで折り、二等辺三角形にする感じです。)新しく出来た両サイドに糊などをつけ、パタンと閉じて貼り合せます。

6

しっかりと貼り合せたら指の先でつまんで、花びらの形になるように状態を整えます。

7

ここからは好みになります。鋭利な部分をはさみで切り落とし、花びらの形を整えます。 ★ここまでの作業を全部で折り紙5枚分行います★

8

5つの花びらが出来たら、花びらの片側部分に糊などをつけて、5つの花びらを貼り合せていきます。この時に片側にべったりと糊などをつけてしまうと、花びらと花びらの境目ができなくなってしまい、失敗してしまうので気を付けてください。

9

5つの花びらをしっかりと貼り合せたら、花びらの先、中の形を整えて完成です。

コツ・ポイント

完成図のものは4cm×4cmの小さい折り紙を使用しており、出来上がりサイズは縦横ともに約3cmです。
手順で示しているものは7.5cm×7.5cmの折り紙を使用しています。
こちらの手順で使用したものは最後まで完成させていないので実寸はわかりませんが、先に示しました完成図写真のものから考えると、折り紙サイズから1cm小さくなる、約6.5cm程度のものになるのではないかと思います。

丁寧にしっかり作ると毎年この時期に飾ることが出来る、丈夫なものになります。
我が家ではひな祭りの季節が終わるとしまい、またこの季節がやって来ると飾っています(^^)

ご家庭や保育室、どこに飾っても華やかになるかと思います。
「つくったよ」での投稿、コメント、お待ちしております(^^)☆


ohana

新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

  1. プロフィール写真

    さおりんさん(2016年2月22日)

    立体の花を添えることで、インパクトが増すと同時に華やかさも出ますね!真似したいと思います。

    • ohanaさん(2016年2月22日)

      コメントありがとうございます(*^^*) 平面ではなく立体という点が華やかさを出すポイントですよね♩「つくったよ」お待ちしております(^o^)!

    • プロフィール写真

      ohanaさん(2016年2月23日)

      さおりんさん☆
      目立ちすぎず、主役のお雛様を引き立たせてくれますよね(*^^*)「つくったよ」お待ちしております♩

  2. プロフィール写真

    ホエールさん(2016年2月23日)

    立体感があって本物のお花みたいでした(^ ^)!保育室や玄関に飾って癒しのひとときにしたいです。

    • プロフィール写真

      ohanaさん(2016年2月23日)

      ホエールさん☆
      本物のお花のようで綺麗ですよね♪
      いつもコメントありがとうございます(*^^*)

コメントを残す

この記事を書いた人

/
/