ログイン登録

明日の保育がもっと楽しくなるサイト

メニュー

にじみ絵で作る”かき氷”製作~絵の具と水性ペン3つの方法~

夏の製作でオススメなのが”にじみ絵”の製作です。水を使用するので製作している最中も涼しく感じ、作品を飾ってからも保育室が涼しくなったように感じますよ。

“にじみ絵”といってもさまざまな方法があるのをご存知でしょうか?本日は、”かき氷”をテーマに絵の具と水彩ペンを使った方法3種類をご紹介します。子どもたちの発達に合った方法を試してみてくださいね。

かき氷製作~半紙と水性ペンを使ったにじみ絵~

半紙と水性ペンを使用した”にじみ絵”の技法2種類でかき氷を製作してみました。同じ道具を使用していても、使う順番を変えると仕上がり方にも違いが出てきます。

材料

にじみ絵製作 水性ペン かき氷材料
・かき氷の器用画用紙
・かき氷用半紙
・水彩ペン
・絵筆、水
・のり
・下紙

半紙と水性ペンを使ったにじみ絵①

STEP1:用紙を器型に切る
にじみ絵製作 水性ペン かき氷作り方・お皿のようにしてもよいですし、屋台で買うようなカップでもよいですね。
・お皿の色の種類を増やし、選んでもらうとより楽しくなります。
STEP2:半紙に水彩ペンで模様を描く
にじみ絵製作 水性ペン かき氷作り方詳細下紙を使用し行います。
・ペンにより滲みにくいものもあるので、選んで使用しましょう。
・半紙なので力を入れすぎると切れてしまします。力を入れすぎないようにしましょう。
STEP3:絵筆に水をつけ、半紙に水を垂らす
にじみ絵製作 水性ペン かき氷画像・水を垂らすようにすることで、半紙が切れる心配もなくなります。
完成
にじみ絵製作 水性ペン かき氷保育園

半紙と水性ペンを使ったにじみ絵②

STEP1:画用紙を器型に切る
にじみ絵製作 水性ペン かき氷保育・年長さんであれば、お皿の形を描いて切るところから製作しても楽しいですね。
STEP2:半紙を水で濡らす
にじみ絵製作 水性ペン かき氷半紙・水で濡らすときは、力を入れすぎないようにしましょう。
・また水のつけすぎのにも注意しましょう。つけすぎた場合は、スポンジなどで余分な水を吸収するとその後作りやすくなります。
STEP3:水彩ペンで模様を描く
にじみ絵製作 水性ペン かき氷画用紙
・力を入れすぎると破けてしまうので、点々で描くと描きやすいですよ。
完成
にじみ絵製作 水性ペン かき氷幼稚園

先に半紙に模様を描く方法と先に半紙を水に濡らす方法があります。子どもたちとさまざまな方法を試しながら、好きな方法で製作するのもよいでしょう。製作中にいろいろな発見があるかもしれませんね!

かき氷製作~半紙と絵の具を使ったにじみ絵~

続いては、水彩ペンではなく水彩絵の具を使用した作り方をお伝えします。

材料

にじみ絵製作 水性ペン かき氷材料
・かき氷の器用画用紙
・かき氷用半紙
・水彩絵の具
・絵筆、水
・のり
・下紙

STEP1:画用紙を器型に切る
にじみ絵製作 絵の具 かき氷画用紙・器の色はかき氷で使用する色が映えるものがよいでしょう。おいしそうに仕上がりますよ。
STEP2:半紙を水で濡らす
にじみ絵製作 水性ペン やり方
・水で濡らすときは、力を入れすぎないようにしましょう。「そーと」優しく描くことで力の加減をする経験になります。
・また水のつけすぎのにも注意しましょう。つけすぎた場合は、スポンジなどで余分な水を吸収するとその後作りやすくなります。
STEP3:ゆるくといた水彩絵の具で塗る
にじみ絵製作 水性ペン 保育
・力を入れすぎると破けてしまうので、優しく行えるよう声をかけましょう。
・1つのかき氷に何色か使うと、色が滲んで混ざる様子が見られます。
完成
にじみ絵製作 水性ペン かき氷完成

3つの方法を比べてみよう

3つの方法を比べてみましょう。全てにじみ絵で作ったかき氷ですが、方法が違うと見た目も大きく変わってきますね。子どもたちと遊びながらさまざまな方法を試して作ってみても楽しめます!

かき氷制作 にじみ絵 作り方

※画像をクリックすると拡大します

みんなのにじみ絵製作

皆さまが作ったにじみ絵の製作も参考にしてみてくださいね。かき氷製作以外にも活用できます。

にじみ絵のやり方

画用紙を使ったにじみ絵の方法をご紹介しています!画用紙だと半紙より破れにくくなるのが特徴です。乾いた後も紙がしっかりしているので、台紙に貼らずに飾る場合は画用紙がオススメです!

>詳細はこちら

にじみ絵やり方画用紙

七夕製作でにじみ絵を使用した作品です!背景が華やかになり素敵ですね!

>詳細はこちら

かき氷製作の導入に~かき氷の豆知識~

“かき氷”今となっては夏の定番の食べ物になりましたが、その歴史はいつ頃から始まったのでしょう?現代では味のレパートリーも増えてきました。「いつからかき氷はあるのかな?」「どんな味があるのかな?」と子どもたちと話し合いながら作ると楽しいですね。

始まり 始まりは平安時代。削った氷に甘葛(あまづら)という甘味料をかけたことが、始まりではないかと言われている
当初は特権階級しか口にできなかったそうで高級品だということがわかる
変わった味 甘酒・アボカドマンゴー・きな粉納豆・栗・すいか・トマト・ごぼうなんかもあるそう

昔は当たり前に食べられなかったという話から、食べ物の大切さも伝えられますよ♪味は、変わった味がまだまだたくさんあります。子どもたちに聞いて見たらびっくりする味が出てくるかもしれないですね。

にじみ絵で作ったかき氷を保育室に飾れば、暑い夏も涼しく感じられそうですね。

スポンサーリンク

合わせて読みたい

新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

コメントをどうぞ

この記事を書いた人

ほいくらいふ運営部
明日の保育がもっと楽しくなるサイト「ほいくらいふ」です。 日々の保育に役立つような制作アイディアや保育の豆知識を公開中です。 保育に関わる人全てに保育がより楽しくなってもらえるよう様々な取り組みをしていきたいと思っています。 Facebook,twitterもやっていますのでそちらもよろしくお願いします!
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他

オススメサイト

サービス一覧
/
/