ログイン登録

明日の保育がもっと楽しくなるサイト

メニュー

ゼリーやプリンのカップで手作り風鈴(ふうりん)の簡単制作!

プリンやゼリーの空き容器で、簡単工作。窓辺につるしておけば、夏にぴったりのやさしい鈴の音がチリンチリン。
カップの中に、すべり止めで「ボタン」をつかうのが、ポイントです!

   

手作り風鈴(ふうりん)の作り方

風鈴の材料

プリンのカップ(空き容器) または ゼリーのカップ(空き容器)、鈴、細めのタコ糸(80~90㎝ぐらい)、色紙・画用紙・折り紙、ボタン、装飾用のシール、(または、油性マジックペン)、ハサミ、きり、穴あけパンチ

※カップは、大きめのものを使いました。





風鈴の作り方

1.プリンカップやゼリーカップをきれいに洗い、乾かしておきます。

2.カップの底の真ん中に、きりで1つ穴をあけます。

3.色紙(または、画用紙や折り紙など)をカットして、穴あけパンチで穴を1か所開けます。

※ここまでは、大人が準備しておくか、大人が手伝って作業します。

4.カップに油性マジックペンで絵を描いたり、シールを貼ったりして装飾します。

5.風鈴につるす紙(短冊)にも、絵や自分の名前を描いたり、シールを貼ったりして装飾します。

※4と5の作業は、子どもたちが活躍するところです。

6.タコ糸を80~90㎝ぐらいの長さでカットします。

7.短冊にタコ糸を通して、固結びします。結び方は2通り。1本を穴に通して、かたむすびする方法(画像上)と、2本をあなにとおして、わっかをくぐらせる方法(画像下)があります。どちらでも大丈夫です。
 

8.7のタコ糸に、2本にまとめた状態で、鈴を通します。

9.10㎝ぐらい上のところに、結び目を作ります。

10.結び目の上のタコ糸1本ずつを、ボタンの穴に通します。

11.タコ糸2本を1つにまとめて、カップの裏から、きりを使って、2で開けた穴に通します。

 

12.タコ糸のはじを固結びして、できあがり。


   

手作り風鈴(ふうりん)で夏を楽しもう

暑い夏にぴったりの手作り風鈴が出来上がりました。

 
 

スポンサーリンク

関連する記事


新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

コメントをどうぞ

この記事を書いた人

伊東 綾(はにゃ)
絵本と音楽と手作りおもちゃで、育児を120%楽しんでいる、男の子2人の母。絵本読み聞かせボランティア歴10年以上。小学校や福祉施設で、リコーダーアンサンブルのコンサート活動も行っています。リサイクル素材を使った手作りおもちゃ、オススメ絵本などを紹介します。  →ブログはこちら
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他
/
/