ログイン登録

明日の保育がもっと楽しくなるサイト

投稿する
メニュー

超簡単♪ストロー笛の作り方~ブーって鳴る音編~

ストロー笛の作り方紹介

幼児さん向けの音の出る手作りおもちゃにオススメ! ストロー笛の最も簡単な作り方をお伝えします。

対象年齢4歳(年中)くらいからOK。
制作時間5分以下でできるので、ぜひ試してみてくださいね。

材料

100円ショップのタピオカストロー

材料は
●ストロー
●ハサミ

この2つだけ。

ストローはタピオカ用のものなどやや太めの物の方が、音が出しやすいです。
100円ショップでも売っていますよ。

超簡単♪ストロー笛の作り方

ここでは一番簡単なストロー笛の作り方をお伝えします。

1.ストローの端を潰して、三角形に切る

ストローの端を山のように三角に切る

ストローの片方を潰して、切りやすくします。
そして、ハサミで三角形に切ります。

「お山の形に切ってね」と言うと子どもにも伝わりやすいですね。

ぴよまる先生

切ったストローの端は尖って危ないので要注意!
目や喉に刺さらないようにしっかり見守りましょう。

2.再び端を押しつぶす

先端を潰したストロー

切り終わったあと、ストローの端を平べったく押し潰します。
切った方を口にくわえて、音を出します!

吹き方は? 音を鳴らして遊んでみよう!

おならの音に似ており、子ども達が大盛り上がりします。

音を出すコツは、息をフーッ!と速く吐き出すようにして吹くことです。

ほいくらいふ編集部が吹いたらこんな音になりました。

ストロー笛の仕組み「どうして音が鳴るの?」

ぴよまる先生

科学的な原理としては、切った部分が息で震える=「共鳴」することによって、音が鳴るようです!
ストローの細さや長さによっていろんな音がしますよ! いろいろと試してみましょう。

今回は絵本『おならしたのだぁれ』をより楽しめるように不思議な音が出る手作りおもちゃ「ストロー笛」の作り方をお伝えしました。
おならしたのだぁれ誕生秘話インタビューTOP
▲こちらをクリックすれば、記事が読めます!

絵本や音楽と連動した工作をすると、子ども達の遊びや学びもどんどん広がっていきますよ!

ぜひみなさんが作った手作りおもちゃも教えてくださいね!
自分の制作記録として残すこともできます!

↓投稿はこちら↓
アイデア投稿促進ボタン

参考文献

新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

コメントをどうぞ

この記事を書いた人

/
/