ほいくらいふ >  【11月】七五三壁面制作の簡単アイデア♪

【11月】七五三壁面制作の簡単アイデア♪

壁面

七五三壁面_アイキャッチ

ほいくらいふ運営部ほいくらいふ運営部

5,968

運動会が終わりホッとしたのもつかの間、ハロウィンや保護者会で忙しい毎日を過ごしているのではないでしょうか。

ハロウィン後の保育室の飾りつけはどのようにされますか?多くの方は、クリスマスがテーマのものに変えるかと思います。キラキラして華やかで素敵ですよね!しかし11月には素敵な日本の行事があります。それは「七五三」です。

今回は11月にピッタリな七五三の壁面制作の紹介をします。千歳飴の袋を作って、壁面飾りの前で写真を撮っても素敵ですね!

七五三の壁面

七五三壁面

・秋に作った紅葉やイチョウを活かしてもいいですね。着物は、不織布や千代紙を使うと、本物のように見えます。

・赤色は濃い赤を使うとより映えますよ。

七五三の豆知識~時期・由来~

七五三壁面制作_千歳飴

七五三はいつやるの?

主に七五三が行われるのは、11月15日ですが、最近では、10月の中旬から11月上旬の吉日や土曜日、日曜日を使って行うことも珍しくないそうです。場所によっては15日を過ぎた後も行っているところもあります。

11月15日に行うようになったのは、11月は秋の実りの収穫が終わり、その実りを神様に感謝する月であり、旧暦の15日が吉日にあたっていたので、収穫の感謝も兼ねて子どもの成長を感謝するようになったと言われています。

七五三って何?

し七五三壁面制作_飾り

七五三は三歳、五歳、七歳の子どもの成長を祝う日本の年中行事の一つで、徳川徳松(第5大将軍徳川綱吉の長男)の健康を祈って始まったとされています。

現在では、全国に広まった行事ですがもともとは関東圏内の地方行事でした。また、七五三はそれぞれの年齢で行う同じ行事だと思われがちですが最初は別々の行事だったのです。発祥地の関東圏内では、下記のように考えられていました。

数え年3歳(満年齢2歳になる年)を「髪置きの儀」とし、男女ともに行う。江戸時代は、3歳までは髪を剃る習慣があったため、それを終了し伸ばし始める。

数え年5歳(満年齢4歳になる年)を「袴儀」とし、男の子が行う。男の子が袴を着用し始める。

数え年7歳(満年齢6歳になる年)を「帯解きの儀」とし、女の子が行う。女の子が幅の広い大人と同じ帯を結び始める。

男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳ですね。昔は数え年に行っていましたが、最近は満年齢で行うことも増えてきています。

江戸時代のころは、栄養失調が原因で7歳まで生きられる子どもが今に比べ少なかったため、子どもたちが、あの世に連れて行かれないようにという思いを込めて、健康を願った行事に変化してきました。また、七五三で必ずもらう千歳飴は、長寿の願いを込めて、細く長く作られています。

今ではそのようなことはなくなりましたが、子どもたちに大切な行事を伝えていきたいですね。

みんなの壁面制作

色が鮮やかで素敵ですね!

壁面制作で、七五三を作ったことがなかったという方もそうでない方も是非作ってみてくださいね!ハロウィンやクリスマスとは違った”和”の雰囲気が楽しめますよ。

関連する記事

関連するキーワード

コメント

コメントは停止中です。

この記事を書いた人

ほいくらいふ運営部
明日の保育がもっと楽しくなるサイト「ほいくらいふ」です。 日々の保育に役立つような制作アイディアや保育の豆知識を公開中♪ 保育士/幼稚園教諭二種の資格をとり、私立幼稚園勤務、公立保育園へのボランティア、子どもスポーツクラブのボランティアを行いってきました。 現在は保育に関わるセミナーに参加したり、TwitterやFacebookなどで現役の保育士さんとのつながりを増やすことに力を入れています。 最近のマイブームは甥っ子と公園で遊ぶ事です。
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他
/
/