ログイン登録

明日の保育がもっと楽しくなるサイト

投稿する
メニュー

6月,11月「はみがき壁面」の簡単アイデア

hamigaki

はみがき壁面

6月4日~10日は、歯と口の健康週間です。歯と口の健康に関する正しい知識を伝え、虫歯を予防し、歯の寿命を延ばすことを目的とした習慣です。子どもたちも新しい生活に慣れてくる6月、歯磨きの習慣をつけるのには良い時期ではないでしょうか?

歯磨きを始める前に、子どもたちが歯ブラシに興味が持てるよう保育室を工夫するのもいいですね。

子どものはみがき

歯磨きが苦手な子も多いかと思います。保育者・保護者が補助して磨くようにすると子どもたちも上手なはみがきを覚えられますよ。仕上げはいつも大人が行うと良いでしょう。

離乳食が始まると乳歯が出現するので保護者が専用のブラシを使って初めてのはみがきをします。幼児期になれば自分で歯ブラシを持って歯磨きの習慣が整っていきます。正しいはみがきの習慣を身につけるためにも、幼いころから、近くにはみがきのある環境を整えておくことが大切です。

子どもの虫歯がなぜいけないの?

乳歯は成長とともに生え変わるため、多少の虫歯も気にせずそのままにしてしまう方がいますが、幼児期の虫歯が抱える問題は、歯が痛むことによって食事などで咀嚼(そしゃく)することを幼児が嫌がるようになり、顎(あご)の成育に悪影響がでることです。

成育が促されないため、未発達の顎に大人サイズの永久歯が成長すると「出っ歯」、「乱杭歯(八重歯)」などを生じさせ、歯並びや顔立のバランスを崩す原因となってしまいます。

はみがきは子どもたちの歯を虫歯から守るだけではなく、成長にもかかわってくるのですね。

子どもの興味を引くために

子どもたちが自然にはみがきに興味を持つために、保育者ができる事の一つが壁面制作があります。他にも、絵本、紙芝居など6月頃の、歯科検診でも行っていると思います。

壁面制作なら、大きな歯ブラシを新聞紙と、スズランテープで作って子どもたちに、練習してもらうこともできますね。
子どもたちが、楽しくはみがきを身につけてくれたらうれしいですね。

はみがき壁面_6月・11月

皆さまの制作アイデアもお待ちしてます。作った制作を投稿してアイデアの共有をしましょう♪自分の制作記録として残すこともできます!

↓投稿はこちら↓
【ユーザー投稿】教えたい

新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

  1. プロフィール写真

    ろこさん(2014年10月31日)

    歯磨き習慣大切ですね!

    0
    • プロフィール写真

      ほいくらいふ運営部さん(2014年11月6日)

      ろこさん
      私の働いていた園では0歳児が丁度この時期にはみがきの練習していたのを思い出して作ってみました。
      上手なはみがきを子どもたちに伝えるのは難しいですが、まずは、楽しくはみがきに慣れてもらいたいですね。

      0

コメントをどうぞ

この記事を書いた人

/
/