ほいくらいふ >  【12月】クリスマスが10倍楽しくなる!壁面装飾の作り方

【12月】クリスマスが10倍楽しくなる!壁面装飾の作り方

壁面

ほいくらいふ運営部ほいくらいふ運営部

57,005

少しずつ肌寒くなり冬の訪れを静かに感じる今日この頃…ハロウィンもあることながら、クリスマスも待ち遠しくなってきました。今年のクリスマスをもっと盛り上げるためにも、保育園や幼稚園のお部屋にも、楽しげな壁面装飾をしてみてはいかがでしょう。

12月・クリスマス壁面紹介

クリスマス壁面・ツリー・リース・靴下・トナカイ

保育室の中に、大きなモミの木を置いて飾りつけする園もあるでしょう。しかし、「大きなモミの木を保育室に置くと子どもたちの遊びスペースが減ってしまう」と悩んでしまうこともありますね。

決まったスペース内でもクリスマスを楽しむ方法はいくつかあります。その一つである、壁面飾りを紹介します。

クリスマスツリー・靴下の作り方

【制作】クリスマス靴下_アイキャッチ_素材

材料

・折り紙
・画用紙
・のり

作り方

【壁面】クリスマス_ツリー靴下_作り方

※画像をクリックすると拡大します

ツリーの画用紙は、段ごとに色を変えると立体感がでます。ツリーにのりやセロハンテープなどで、靴下を貼ったら完成です。

クリスマスリースの作り方

【壁面】クリスマス_リース

材料

・緑の折り紙・・・2枚
・赤の折り紙1/4・・・4枚
・好きな色の折り紙1/4・・・12枚
・のり

作り方

●葉っぱの部分

【壁面】クリスマス_リース_作り方①

※画像をクリックすると拡大します

●わっかの部分

【壁面】クリスマス_リース_作り方②

※画像をクリックすると拡大します

子どもたちと一緒に作って、飾りつけを楽しむのもいいですね。

サンタクロースの作り方

【壁面】クリスマス_サンタクロース_作り方

サンタクロースの洋服は、画用紙に赤いクレヨンで塗り柔らかさを出してみました。子どもたちが触れる高さに壁面を飾る場合は、クレヨンの上からコーティングスプレーをしたり、ラミネートをしたりすると、手につかなくなりますよ♪

動物の作り方

【壁面】クリスマス_動物_作り方

人形を作っているとサイズがバラバラになってしまうことはありませんか?同じ大きさで人形を作るコツは、頭の大きさをそろえることです。体は、色違いで同じ型紙で作っても大丈夫!

頭のサイズだけ気をつけておくと、同じくらいの大きさの人形が簡単に作れますよ☆

壁面を長持ちさせるには?

「壁面制作をまた来年も使いたい!」「もっと長持ちさせたい!」何回でも使えるようにするにはちょっとしたコツがあります。制作物の後ろにPPテープを貼っておくと、その上からテープを貼っても剥がせるので、画用紙がダメになりません。

※PPテープというのは、セロテープの幅の広いタイプのテープの事です。

【壁面】クリスマス_壁面が長持ちする方法

壁面を飾るとき普通のテープだと壁紙がはがれてしまいますよね?そんなときはPPテープの上にマスキングテープを使ってみてくださいね♪

クリスマス豆知識

クリスマスの意味・由来

クリスマスはいつ?

クリスマスとは、イエス・キリストの誕生日を祝う日のことを指します。一般的には、12月25日をクリスマスと言いますが、聖書には12月25日がキリストの誕生日だということは、明確に記されていません。宗教暦上では、12月24日(クリスマスイブ)の夕方から、キリストの誕生日とされていてお祝いが始まります。

クリスマスはどのように日本に広まったの?

1552年に現在の山口県山口市でカトリック教会(イエズス会)の宣教師であるコスメ・デ・トーレスらが行った降誕祭が、日本初めてのクリスマスです。日本人の信徒を招いて、行ったものでした。

しかし、その後江戸幕府の禁教令によってキリスト教は禁止されたことで、明治初めまでの200年以上の間、隠れキリシタン以外はまったく受け入れられることはなかったのです。

日本でクリスマスが受け入れられたのは、1900年[27](明治33年)。明治屋が銀座に進出し、クリスマス商戦が始まったことが大きな契機となり、昭和初期までには、12月25日は大正天皇祭という休日になっていたため、休日のイベントで日本各地に知られるようになったのです。終戦後は、休日から外されてしまいましたが、その後も、イルミネーションやクリスマス商戦などで毎年12月25日は、クリスマスのイベントを楽しむようになりました。

クリスマスで子どもたちに伝えたいことを考えよう

日本のクリスマスのはじまり

子どもたちにクリスマスってなぁに?と聞くと、よく返ってくる言葉が「プレゼントをもらう日!」や「サンタさんが来る日!」という返事ですね。日本のクリスマスはたくさんのお店でクリスマス商品を売っているため、買ってもらうイメージが強いのかもしれません。

もともと宗教行事の一つであるクリスマスから学ぶことは、いろいろとあるとは思いますが、子どもたちに伝わって欲しいことは『クリスマスは大好きな家族とゆっくり過ごす特別な日』ということではないでしょうか。

大好きな家族と、1年間幸せで過ごせたご褒美に、サンタさんからプレゼントをもらえる日であってほしいなと思います。クリスマスで、ワイワイ盛り上がろう!というのももちろん正解だとは思いますが、どんな理由で、お祝いをしているのか、起源を伝えていくことや意図をもって関わることが大切ですね。

みんなの壁面制作

キラキラ光る紙やモールがあるとより華やかさが増し、綿を雪に見立てるのも雰囲気がありますね。いまや日本の主流の行事となったクリスマス。子どもたちもほとんどの子が知っています。

しかし、その本当の意味などは知らないという子もいます。「家で由来など話すことは少ない」という保護者も多くいました。クリスマスの由来や日本のクリスマスの歴史などを伝えられたら、今までとは違ったクリスマスの楽しみ方が見つかるかもしれませんね。

壁面が興味を持つきっかけになることもあるので、ぜひ参考にしてみてください!

関連する記事

関連するキーワード

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を書いた人

ほいくらいふ運営部
明日の保育がもっと楽しくなるサイト「ほいくらいふ」です。 日々の保育に役立つような制作アイディアや保育の豆知識を公開中♪ 保育士/幼稚園教諭二種の資格をとり、私立幼稚園勤務、公立保育園へのボランティア、子どもスポーツクラブのボランティアを行いってきました。 現在は保育に関わるセミナーに参加したり、TwitterやFacebookなどで現役の保育士さんとのつながりを増やすことに力を入れています。 最近のマイブームは甥っ子と公園で遊ぶ事です。
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他
/
/