ほいくらいふ >  【1月】お正月壁面飾りの制作レシピ♪

【1月】お正月壁面飾りの制作レシピ♪

壁面

ほいくらいふ運営部ほいくらいふ運営部

38,827

休み明けの久々の保育園はワクワクがいっぱい

1月お正月の壁面飾り_保育園

新年あけましておめでとうございます♪保育園や幼稚園でも新学期がスタートしたのではないでしょうか。休み明けの子どもたちは元気いっぱい♪先生に話したいことがたくさんあってうずうずしている姿が目に浮かびます。

子どもたちの人生の中で何度目かのお正月。おいしいおせち料理や、お年玉、お正月遊び…そして干支。実は干支(えと)とは十二支の組み合わせのことを指しているそうですよ。日本ならではの風習を子どもたちにも伝えていきたいですね。

保育室の壁面をつくる時に…

1月お正月の壁面飾り_オススメ

壁面制作が苦手です…という声をよく耳にします。

私自身も絵を描くのは好きなのですが、大きなものを作ったり、はさみで切ったりする作業があまり得意ではありません。子どもたちに表現の方法を紹介していく中で「自分らしい作品を作って見せていきたい!」そう思い取組むようになり、以前より壁面をつくることが楽しく思えるようになりました。

子どもたちの目に触れるのはもちろん、生活の一部として欠かせない壁面。今年は私流にはなりますが、作るときの流れなども紹介していけたらと思います。

制作はどのようにして作るの?

心がけていること

保育室の壁面制作を作るときに心掛けていることが2つあります。

1つ目は自分の持っている力を最大限に発揮してかわいい物をつくること。2つ目は嫌になる前に完成させる…つまり早く作ることです。どんなに素敵なものを作れるようになっても、4時間も5時間もかかってしまうと、そのうち嫌になってくると私は思っています。長くても制作にかける時間は2時間までと決めています。

1.イメージを固める

まず作る壁面飾りのイメージを固めます。例えば今月1月の場合は「お正月」などざっくりとしたイメージを持ちます。次に、ネットが使える環境であれば、『正月 イラスト』などで検索して好みの画像を探します。私は、何枚かのイラストを参考にして壁面のイメージを作っています。

2.下書きをする

イメージがぼんやりできたら、紙にイラストを描いていきます。シャーペンで書くよりも、ボールペンを使うと早く書く練習や一発書きの練習になります。
1月お正月の壁面飾り_下書き
このように、壁面全体の下書きをなんとなく作ります。色を書き込んだり色鉛筆で色を付けたりしながら、イメージを膨らませます。

3.壁面を作る

下書きを使いながら、画用紙にイラストを描きこんでいきます。切り取って貼りあわせれば完成です。下書きがしっかり作ってあれば、制作時間は45分くらいでできると思います。
1月お正月の壁面飾り_完成

完成するとこのようになります。

4.おまけ

壁面制作は画用紙を使うことが多いと思います。最近は画用紙以外の素材も一緒に使うことで、子どもたちが新しい表現を見つけるきっかけになると言われています。

画用紙以外の素材で、冬の時期におススメなのは、モールや綿、毛糸などの温かみを演出できる素材です。季節関係なく簡単に用意できるものであれば、クレヨンなども便利です。

油クレヨンだと、指で触るとのびてしまうので、プラスチッククレヨン(クーピーなど)を使うととても便利です。今回は細かい部分をクレヨンで再現してみました。
未

松

画用紙だけで作る壁面ももちろんきれいで楽しいですが、雰囲気を変えたい時にはいつもと違う素材を混ぜてみるのも制作を楽しむコツですよ♪

皆さまの制作アイデアもお待ちしてます。作った制作を投稿してアイデアの共有をしましょう♪自分の制作記録として残すこともできます!

↓投稿はこちら↓
【ユーザー投稿】教えたい

スポンサーリンク

関連する記事


新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

コメントをどうぞ

この記事を書いた人

ほいくらいふ運営部
明日の保育がもっと楽しくなるサイト「ほいくらいふ」です。 日々の保育に役立つような制作アイディアや保育の豆知識を公開中です。 保育に関わる人全てに保育がより楽しくなってもらえるよう様々な取り組みをしていきたいと思っています。 Facebook,twitterもやっていますのでそちらもよろしくお願いします!
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他
/
/