ログイン登録

明日の保育がもっと楽しくなるサイト

メニュー

10月「ハロウィン壁面」の簡単アイデア集~かぼちゃ・おばけ~

ハロウィン壁面

10月といえばハロウィンがありますね。

今回は、かわいく飾れる壁面制作を2つご紹介します。制作時間も短いので、ぜひ作ってみてくださいね。上手に作れた作品はラミネートしておくと来年も使えますね。

★かぼちゃ・おばけ・こうもりとお菓子ハロウィンパーティー★

10月壁面飾りハロウィン_おばけ

かぼちゃやおばけ、こうもりやキャンディーと色合いをポップにしたらかわいくなりますね。キャンディーの作り方はとても簡単で他の制作にも使えますよ♪

★ハロウィンパーティーキャンディー作り方★

10月壁面飾りハロウィン_おばけ_作り方

※画像をクリックすると拡大します

STEP1:折り紙を丸く切る
10月壁面飾りハロウィン_おばけ_作り方詳細
・折り紙に丸を描いておくと、子どもたちも切りやすくなります。

・丸を切る時は、はさみと手の動かし方がわかりやすく、保育士も伝えやすいと思います。
STEP2:外側から内側にくるくると切る
【制作】壁面ハロウィン_おばけ_作り方2
・丸が切れたら、発展として子どもたちがくるくる切ってみてもいいですね。
STEP3:同じところをもう一度切る
10月壁面飾りハロウィン_飴
・今入れた切り目をなぞるように二重に切っていきます。ここがポイントです!そうすることで、くるくる感が伝わります。
STEP4:白画用紙に貼り完成!
10月壁面飾りハロウィン_キャンディー
・白以外の画用紙でもかわいいと思います。子どもたちに選んでもらい、オリジナルキャンディーを作っても楽しそうですね。

キャンディーだけでなく、形の似ているバラにも使えそうですね。

★たぬきのハロウィン壁面★

10月壁面飾りハロウィン_たぬきかぼちゃ

ハロウィンの壁面用の素材ができたら、その素材を利用して「たぬきがハロウィンパーティーの飾りつけをする」壁面を作るのもおもしろいと思います。

型を用意しておくと、たくさん作るのも簡単ですね。

コピー用紙に型紙を描いて切るだけでたくさんのかぼちゃや動物が切れます。画用紙や折り紙を重ねて切るときはホチキスで留めてから行うと簡単に切れますよ。

ハロウィン豆知識

ハロウィンって何?

毎年10月31日に行われ、もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い払う宗教的な意味合いのある行事だったようです。現代は宗教的意味合いはほぼなくなり、アメリカの民間行事になっています。

日本でも仮装や飾りなどをして、楽しむことが多くなってきましたね。

Trick or Treat(トリック オア トリート)

10月壁面飾りハロウィン_お菓子

子どもたちが怖い仮装をし「Trick or Treat(トリック オア トリート)お菓子をくれないと、いたずらしちゃうぞ」と言いながら各家を訪問します。

ジャック・オー・ランタン(ジャックランタン)

10月壁面飾りハロウィン_ジャックオーランタン

ハロウィンのシンボルともいえる、ジャック・オー・ランタン。

かぼちゃをくりぬいて、顔を作り、中にろうそくを入れた飾りです。ハロウィンを行う家庭では、悪霊を追い払うために、家の前に飾るそうです。

日本では「お化けカボチャ」「カボチャちょうちん」とも言いますね。

たぬきの豆知識

10月壁面飾りハロウィン_たぬき

たぬきって?

たぬきは実は犬の仲間の動物です。ねこ目いぬ科たぬき属という種類の動物です。

元々極東にのみ生息する世界的に見れば珍しい動物のようです。通常野山に生息していますが、日本では、民家の付近にいることも珍しくありませんね。

たぬきは普段は単独かペアで行動しています。ペアは相手が死ぬまでペアでいる動物です。

たぬきの伝承

たぬきは金の精として伝承されてきました。金はもともと再生を意味する鉱物でした。そのため、たぬきも再生を表す意味として伝えられてきましたが、ねこと同じように死を意味することもあります。

たぬきは海外では珍しい動物!

たぬきが生息する日本などの地域ではそれほど珍しがられない動物ですが、生息していない国や地域では珍しいようです。

2010年3月23日に、旭山動物園と久留米市鳥類センターが、シンガポール動物園へたぬきのオス・メスひとつがい(2009年5月産)を贈ったところ「パンダ並み」の珍獣と扱われ、たぬきに冷暖房完備の専用舎が用意されたうえに、歓迎式典まで開かれたほどです。

日本ではよく見るたぬきがパンダと同じように珍しがられるなんて不思議ですね!

ハロウィンおすすめ記事

ハロウィンイベント特集→『保育園のハロウィン!イベントをもっと盛り上げるカンタンアイデア集』

ハロウィン絵本特集→『ハロウィンにおすすめの絵本~子どもたちの興味を広げよう~』

スポンサーリンク

合わせて読みたい

新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

コメントをどうぞ

この記事を書いた人

ほいくらいふ運営部
明日の保育がもっと楽しくなるサイト「ほいくらいふ」です。 日々の保育に役立つような制作アイディアや保育の豆知識を公開中です。 保育に関わる人全てに保育がより楽しくなってもらえるよう様々な取り組みをしていきたいと思っています。 Facebook,twitterもやっていますのでそちらもよろしくお願いします!
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他
/
/