ログイン登録

明日の保育がもっと楽しくなるサイト

投稿する
メニュー

子どもと作る壁面ー6月「虹とてるてるぼうずちゃん」ー

壁面で保育を楽しくしよう

梅雨になると保育室で過ごすことが多くなりますね。
体力が余り、遊びの中でヒヤッとした危険な場面も多くなる時期‥

室内での楽しい遊びを提供し、子どもたち自身で遊びが広がるよう環境設定をしていきたいですね。

子どもと一緒にレインコートを着ている自分を作ろう

自分で一生懸命作った作品が、保育室に貼られている。
それだけで子どもたちは大喜び!!

又、新しい技法を知ると、これからの遊びの幅も広がっていきますね。
今回ははじき絵の技法を使いたいと思います。

まずは下書き

6月壁面 材料 下書き
子どもたちは、てるてるぼうずに見立てても、レインコートを着ている自分にしてもよいと思います。

私は雨上がりの設定にしたのでレインコートにしてみました。
てるてるぼうずなら、ポンチョのようにするとかわいいと思います。

レインコートの作り方

白画用紙が目立って良いと思います。
顔やレインコートのはじき絵の部分を、子どもにやってもらうと一緒に楽しめますね。
1-tile (2)
3-tile (2)

顔のほっぺはクレパスを使い、ティッシュでぼかすと優しい印象になります。

はじき絵のポイント

模様はクレヨンやクレパス等の油分のある画材を使うと、絵の具をはじきます。
絵の具は水彩がやりやすかったです。

沢山水を入れ薄めると描いた模様が目立ちます。
模様は描きすぎないようにするとはじき絵の良さが出ると思います。

クレヨン・クレパスの違い

クレヨンクレパス違い
クレヨン・クレパスを使う時は机にはみ出ないよう、下に広告などの紙を敷くと、子どもたちも思い切り模様が描けます。

壁面完成図

DSC_0106

みんなの壁面アイデア集


新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を書いた人

あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他

オススメサイト

サービス一覧
/
/