ログイン登録

明日の保育がもっと楽しくなるサイト

メニュー

【7月】七夕と星座の壁面制作~子どもと一緒に手形で作ろう~

7月の行事といえば「七夕」

7月7日の七夕の日。
今年は晴れるかな?天気が毎年気になりますね。

「雨が降ると、彦星と織姫は会えなくなっちゃうの?」

そう思っている子どもも多いのではないでしょうか。
実はそんなことありません。

雨が降ると、天の川の水が増えてしまいますが、
カササギという鳥が橋を作ってくれます。

そのおかげで、橋を渡れ、織姫と彦星は会えるのです。
でも、やはり、七夕には晴れた星空を見たいですね。

七夕の壁面を作ろう

壁面の下書き

下書き
七夕の日は、いつもより空を見上げる回数が多いですね。
そんな時、「星座」の話もしてあげると、興味の幅が広がります。

今回は「天の川と星座の壁面」を作ろうと思います。

壁面の材料

・画用紙
・折り紙(星座用)
・不織布(織姫、彦星着物用)
・すずらんテープ
・のり
・絵の具(手形用)
・はさみ

七夕①
七夕②
七夕3
星座-tile

制作のポイント

・織姫、彦星の着物は、不織布を使うと、本物のように優しい印象になります。

・不織布はのりでは、少し貼りにくいので、ボンドがおすすめです。
(のりでも貼れました。)

・カササギは子どもと作れます。

・手形の絵の具は、水を入れすぎると垂れやすいので、服や机など汚す恐れがあります。あまり入れすぎないようにしましょう。

・天の川は、すずらんテープを使うと、しつこくなりすぎず、華やかに見えます。

手形

・子どもの手に筆を使って塗ることで、コミュニケーションがとれます。

・普段味わえない感触が味わえ、楽しめます。

・感触に敏感な子は、苦手な子もいるかもしれないので、筆でなく、絵の具の入ったお皿に手を付けるなど工夫をすると良いと思います。

完成図

完成
自分の星座を探すのも楽しいですね♪

みんなの七夕壁面集

ひとつひとつがとってもかわいく作られていて参考にしたいですね♪
作った後は記録として残しておくと、次の年に見返したり、次の制作のヒントになりますね!

織姫と彦星、短冊が立体的とても立体的に作られています。
園児の短冊の願いを見守っている感じが素敵です!

天の川と星がすごくきれいな作品です!
両脇に竹や飾りで装飾してある素敵な壁面です。

織姫と彦星がとっても楽しそうな作品です。
きっと七夕の日に出会えていますね!

どれも素敵な作品ばかりですね。
七夕といえば織姫と彦星もですが、天の川や星、短冊なども大事な要素になってきます。
それぞれを組み合わせることでよりいっそうすてきな壁面になるのではないのでしょうか。

今年も素敵な七夕の壁面を作ってくださいね!

スポンサーリンク

合わせて読みたい

新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

コメントをどうぞ

この記事を書いた人

ほいくらいふ運営部
明日の保育がもっと楽しくなるサイト「ほいくらいふ」です。 日々の保育に役立つような制作アイディアや保育の豆知識を公開中です。 保育に関わる人全てに保育がより楽しくなってもらえるよう様々な取り組みをしていきたいと思っています。 Facebook,twitterもやっていますのでそちらもよろしくお願いします!
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他

オススメサイト

サービス一覧
/
/