ログイン登録

明日の保育がもっと楽しくなるサイト

メニュー

【8月】花火の壁面制作~切り絵・ちぎり絵などの技法で~

夏といえば花火。全国各地で花火大会が開催されます。
「打ち上げ花火を見に行ったよ」「手持ち花火をしたよ」と子どもたちの嬉しそうな声が聞こえてきそうです。

日本の夏の風物詩の一つ”花火”を子どもたちと作り、季節を感じられる壁面飾りにしてみましょう♪
今回は、「切り絵・ちぎり絵・スクラッチ画・指スタンプ」4つの技法で作り方をご紹介します。

花火の壁面完成図

花火の壁面完成図

今回紹介する花火の作り方は、4種類!子どもたちの興味や発達に合わせ、制作してみて下さい♪花火以外にも、縁日の屋台や浴衣の子を飾ると賑やかになりますよ。

花火の作り方もくじ

花火の壁面の作り方①~スクラッチ画~

対象年齢:年中~

花火①1スクラッチ画

※画像をクリックすると拡大します

制作の詳細

材料
・白の画用紙
・クレパス
・はさみ
・割り箸
・下紙
STEP1:白画用紙を丸く切る
1
・紙は、大きすぎるとクレパスで塗るのが大変になってしまうので、子どもたちが大変と感じず楽しめる大きさにしましょう。

・画用紙に線を描いておいて、子どもたちに切ってもらっても良いですね♪
STEP2:STEP1をクレパスで塗る
12
・白色が見えなくなるまで力強く塗ることがポイントです!そうすると、削ったときに色がキレイに見えます。

・クレパスで塗る際、はみ出しても大丈夫なように下紙を敷くと、汚れずに片付けもスムーズに行えます。
STEP3:STEP2の上から黒のクレパスで塗る
13
・全部の色が見えなくなるまで力強く塗るのがポイントです!

クレパスをたくさん使いすり減るのも早いので、塗りにくくなったら、クレパスのおしり側を押し、頭を出すことを伝えましょう。
STEP4:全て黒く塗りつぶす
14
・塗り終わったら、黒以外の色が残っていないか確認しましょう。
STEP5:割り箸で花火の線を描く
15
・つまようじでもできますが先端がとがっていて危なく、力を入れると折れてしまうので割り箸が使いやすいです。

・中心から外側に向かって描くようにすると、本物の花火のように見えます。中心がわかるよう中心に丸を描いてから、花火の線を描くと描きやすいですね♪
STEP6:完成
16
完成後は作品を触りすぎると、色が擦れてしまうので注意しましょう。

花火の壁面の作り方②~ちぎり絵~

対象年齢:2歳~(保育士と一緒に行うのであれば2歳も可)

花火②2ちぎり絵

※画像をクリックすると拡大します

制作の詳細

材料
・白と黒の画用紙
・折り紙
・カッター
・はさみ
・のり
・濡れタオル
STEP1:黒画用紙を丸く切る
111
・画用紙に線を描いておいて、子どもたちに切ってもらっても良いですね♪
STEP2:STEP1を花火の形にカッターで切っておく
12
・さまざまな形の花火を切っておき子どもたちに選んでもらうと、飾ったときにより個性がでますね。
STEP3:白画用紙を丸く切る
1
・紙は、大きすぎると貼るのが大変になってしまうので、子どもたちが大変と感じず楽しめる大きさにしましょう。

・画用紙に線を描いておいて、子どもたちに切ってもらっても良いですね♪
STEP4:折り紙を手でちぎる
13
・折り紙の色は、選べるよう何色か用意しておきましょう。
STEP5:白画用紙に折り紙をのりで貼る
14
・のりを使用するときは、手を拭く濡れタオルがあるとベタベタせず、貼りやすくなります。
STEP6:STEP5の上に黒画用紙を貼る
15
貼り合わせたら完成です!

花火の壁面の作り方③~指スタンプ~

対象年齢:2歳~

1-tile

※画像をクリックすると拡大します

制作の詳細

材料
・白画用紙
・絵の具
・濡れタオル
STEP1:白画用紙を丸く切る
1
・画用紙に線を描いておいて、子どもたちに切ってもらっても良いですね♪
STEP2:指に絵の具をつけて、白画用紙につける
32
中心から外側に向かって、絵の具をつけると本物の花火のように見えます。違う色をつけたいときは、手を拭けるよう濡れタオルがあると便利です。
STEP3:完成
33

花火の壁面の作り方④~絵の具~

対象年齢:3歳~

花火4絵の具

制作の詳細

材料
・白画用紙
・絵の具
・筆
STEP1:白画用紙を丸く切る
1
・画用紙に線を描いておいて、子どもたちに切ってもらっても良いですね♪
STEP2:筆に絵の具をつけて、白画用紙に花火を描く
42・中心から外側に向かって、絵の具をつけると本物の花火のように見えます。

・1回ずつスタンプのように押していくので、筆の導入としても使えます。
STEP3:完成
43

ぜひ、発達に合わせ、ねらいを考え試してみて下さい♪

飾り方の例

たこと花火の壁面

たこの墨を花火に見立てても面白いですね。

花火の豆知識

花火って、なんであんなにキレイで感動するのでしょうか?それにはさまざまな理由があったのです!

なんで様々な色があるの?

少し難しいですが、高校の化学で習った「炎色反応」の現象が生じるからなのです。「炎色反応」とは、炎の中で物質を加熱すると発光をする現象のことを言います。その色は元素によって異なるのです。

子どもたちには、わかりやすいよう噛み砕いて伝えてあげると良いですね。

花火が上がるときのヒューって音は何?

実は、花火の玉につけられた”笛”の音なのです!「ドーン」と花火が開く前に期待が高まるよう、つけられたのだとか。

花火の掛け声「たまや~」の意味って何?

元々は、「鍵屋(かぎや)」が花火を作っていたが、後にのれん分けをし「玉屋(たまや)」が生まれたそうです。当初はその両者を応援するため「かぎや~」「たまや~」の掛け声がありました。

しかし、「たまや」の方が技術が優っていたこと、語呂が良かったことから「たまや」の掛け声が多くなったのだとか…

みんなの花火製作の紹介

カラフルな花火がキレイですね!!たくさん飾ると迫力も出ますよ♪

自分が作った花火、友達が作った花火、「花火大会」としてみんなの作品をゆっくり見る時間を設けるのもいいですね。

スポンサーリンク

合わせて読みたい

新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

  1. プロフィール写真

    ホエールさん(2016年4月18日)

    素敵なアイデアが満載ですね!!

    夏の制作は花火作りに決めました!
    クレヨンで濃く塗って、黒をぬるやつ、年長児でやってみようと思います(^-^)!

    素敵な壁面になりそうです!

  2. プロフィール写真

    ゆみよさん(2016年8月23日)

    透明のコップとキラキラテープで花火を作りました!

コメントをどうぞ

この記事を書いた人

ほいくらいふ運営部
明日の保育がもっと楽しくなるサイト「ほいくらいふ」です。 日々の保育に役立つような制作アイディアや保育の豆知識を公開中です。 保育に関わる人全てに保育がより楽しくなってもらえるよう様々な取り組みをしていきたいと思っています。 Facebook,twitterもやっていますのでそちらもよろしくお願いします!
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他
/
/