カテゴリー: 保育ニュース

  • 保育フェス2017開催!Homika代表に聞く、保育者の可能性への想い

    保育フェス2017開催!Homika代表に聞く、保育者の可能性への想い

    今年で2回目となる、2017年7月2日に神戸で行われる全ての保育者に向けた保育イベント「保育フェス」について、主催団体「Homika」代表の舟橋さんにイベントへの想いや企画内容をインタビューしました。

  • 【イベントレポート】「#保育園に入りたい」を本気で語ろう。保育園に入れる社会にするためにできること

    【イベントレポート】「#保育園に入りたい」を本気で語ろう。保育園に入れる社会にするためにできること

    「保育園落ちた日本死ね。」から1年。 しかしこの春も、「保育園に入れない」という悲鳴が各地で上がっています。 どうして、日本はいまだにこんなに保育園に入りにくい社会なのでしょうか。 どうしたら、希望する人たちがみんな保育 […]

  • 現役保育士からみる男性保育士への期待!84%が男性保育士は必要と回答

    現役保育士からみる男性保育士への期待!84%が男性保育士は必要と回答

    保育士は以前は「保母」と呼ばれていて、女性の職業だと考えられてきました。 その後、名称を「保育士」と変更し、男性保育士も少しづつ増え始め、注目されるようになりました。 最近、「男性保育士に女児の着替え・おむつ交換をさせな […]

  • 「#保育園落ちた」「#保育園に入りたい」保護者の声からみる待機児童問題

    「#保育園落ちた」「#保育園に入りたい」保護者の声からみる待機児童問題

    今年度も認可保育園の申し込み発表が行われ、インターネット上でも保活をされた保護者の「#保育園落ちた」「#保育園に入りたい」などといった声が続々と上がっています。少子化が進んでいるにも関わらず増え続ける待機児童。その現状と問題に直面している保護者の声から待機児童問題について考えます。

  • 保育士増加に保育士の44%は「賛成」、質の低下の懸念も

    保育士増加に保育士の44%は「賛成」、質の低下の懸念も

    今年度、待機児童や保育士不足についての問題が大きく取り上げられ、国や自治体が様々な取り組みで問題を解決していこうと積極的に動いています。保育士の処遇改善や試験の実施回数の増加など、今後保育士の数が増えていくことが予想されます。では実際保育士資格をもつ方は、保育士資格を持つ人が増えることについてどう思っているのでしょうか。今回ほいくらいふでは保育士・幼稚園教諭を中心とする144名の皆さまに保育士資格についてのアンケートを実施しました。

  • 保育士は婚活に消極的?未婚保育士の○割が「婚活していない」理由!

    保育士は婚活に消極的?未婚保育士の○割が「婚活していない」理由!

    保育士さんは普段の仕事が忙しく、なかなか出会いがないということで、婚活において結婚相談所や街コンなどの婚活サービスを利用されたことのある方も多いのではないでしょうか?実際、保育士さんはどうやって婚活しているのでしょうか。そこで今回は、現役保育士を中心に136名の皆さまを対象に行ったアンケートを基に保育士さんの婚活事情に迫ります!

  • 保育士さんのリアルな結婚・恋愛事情!~出会いはどこに?~

    保育士さんのリアルな結婚・恋愛事情!~出会いはどこに?~

    「子どもも好きだし、早く結婚して子どもも欲しい!けど、出会いがない…。」と思っている方も多いのではないでしょうか?まだまだ男性職員が少ない保育現場。保育士や幼稚園教諭の皆さまはどのようにしてパートナーと出会っているのでしょうか?本日は、現役保育士を中心に153名の皆さまを対象に行ったアンケートを基に保育士さんのリアルな恋愛事情に迫ります!

  • 「5万円の給料アップでも復職したくない!」約8割<潜在保育士のホンネ>

    「5万円の給料アップでも復職したくない!」約8割<潜在保育士のホンネ>

    保育園や保育士不足が問題となっており保育士確保のための対策が行われている中、潜在保育士のうち87.1%が給与を理由に復帰したくないと考えていることがほいくらいふと法律相談サービスを手がける「弁護士ドットコムニュース」との共同のアンケートでわかりました。 今回は、213名の潜在保育士の方を対象に『復職しない理由』や『復職するために必要なこと』についておうかがいしました。

  • 保育を”楽しい”と感じるのはどんな時?保育士・幼稚園教諭のリアルな声

    保育を”楽しい”と感じるのはどんな時?保育士・幼稚園教諭のリアルな声

    「働きたいのに保育園落ちた。もっと保育園増やせよ。」と訴えたブログ『保育園落ちた日本死ね』が注目されており、ブログに共感した人たちが保育制度の充実を求めて国会に署名を提出したり、国会前でプラカードを持ち講義をしたりなどの […]

  • 保育士不足の現状②~国の緊急対策案どう考える?~

    保育士不足の現状②~国の緊急対策案どう考える?~

    平成27年11月、「1億総活躍社会」の実現に向け、保育士不足解消などの子育て政策として緊急対策の提言案が掲げられ、待機児童の解消を目指した「待機児童解消加速化プラン」が出されました。厚生労働省では、待機児童解消を確実に実施するため、保育士の人材育成や再就職支援などを強力に進めるための「保育士確保プラン」も策定しています。今回は保育士不足対する国の緊急対策案について一緒に考えていきたいと思います。