ログイン登録

明日の保育がもっと楽しくなるサイト

メニュー

【まとめ】子どもの会話っておもしろい!

子ども同士の会話

子どもたちの会話って面白いですよね。本日は、そんな子どもたちのおもしろい会話をtwitterからまとめてみました。

子どもの会話事例週

幼稚園児3人の会話

幼稚園児3人の会話。

A「俺の父ちゃんすっげー貧乏なんだぜぃ!」

B「すっげーー!」

C「かっけーーー!」

B「俺のお父さんも貧乏だってお母さん言ってたぜぃ!」

C「まじでぇーー!」

A「でも俺の父ちゃんの方が絶対絶対貧乏だもんね!」

B「俺のお父さんの方がずっとずっと貧乏だもんね!」

貧乏の意味を分かっていない子どもだから起こる自慢大会。

お父さんが聞いたら…笑

ら抜き言葉

この前通りがかった小学生が

「『オーストリア』ってどこだよ!ら抜き言葉やめろよ! ちゃんと正式に『オーストラリア』って発音しろよ!これだからゆとりってバカにされるんだぞ!」

「ごめん」

みたいな会話してて、ゆとりもここまで来たかと思った。

マリオ

スーパーで見た親子

子ども「キノコ嫌い」 

母親「キノコ食べな大きくなれへんよ」 

子ども「それマリオやん!」

笑って

駅で小さい子が「おかーさん!抱っこして!抱っこして!」

と母親に言っていたが、荷物を抱えたお母さんは聞こえていないような疲れ顔。

そしたら次にその子が

「おかーさん!笑って!笑って!」と言った。

「何でよ」と言いながらお母さんの顔は笑った。

子どもも笑った。この子は多分凄くなる。

とうもろこし

トウモロコシが大好きなうちの子

スーパーでトウモロコシを発見して

「とうもごろしあったー!」と大興奮

間違ってるし、言ってる言葉が怖いんですけど。笑

プリキュア

「き」が言えなくて「ち」と発音してしまう4歳のいとこ

どきどきプリキュアを「どちどちプリキュア」っていってておもしろかった。

ひげ

口髭の映えている人を「マリオ」と呼んで話しかける。

文字が読めない頃の歌詞間違い

○もういくつ寝るとお正月

×海苔とキツネのお正月

○そうさ100%ゆうき もうやりきるしかないさ

×そうさ100%ゆうき もうわりきるしかないさ

○あかりをつけましょぼんぼりに

×あかりをつけましょボンゴリに おこしにつけたきびだんごー

ひな祭りから桃太郎の鬼退治の荒技

雪国

うちは雪国豪雪の日に窓から外を見て

「かつらだ!かつらがいっぱい!」

それはつららだよ

ヨウスケ

次男が3歳のころに長男が家に友達のヨウスケを連れてきた。

それ以来年上の友だちをみんなヨウスケと覚えたようで

年上の友だちがくると

「あ!ヨウスケいっぱいきた!」

と言っていた。

ヨーグルト

息子が2歳くらいの時

空を見上げて

「ママお空にヨーグルトこぼれてる。汚いね」

雲がヨーグルトに見えたようです。

お手紙

4歳の娘が幼稚園の先生宛に手紙を書いていた。

こっそりのぞいてみると

「いつもお世話になっています。」と書いてあった。

4歳のビジネス文書笑った。

実習先の3歳児

お弁当の時間に

お弁当を広げて

「先生見て、デザート!いいでしょう!」

「わーおいしそう!ぶどうかな?なにかな?」

「えっとね・・・すすも!」

おしい!すももかな!

おわりに

皆さんの周りの子どもたちも面白いことつぶやいていませんか?幼児期の子どもは大人の言葉からさまあざまな言葉を吸収していますよね。私達保育者の言葉かけの大切さがわかりますね。

スポンサーリンク

合わせて読みたい

新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

コメントをどうぞ

この記事を書いた人

ほいくらいふ運営部
明日の保育がもっと楽しくなるサイト「ほいくらいふ」です。 日々の保育に役立つような制作アイディアや保育の豆知識を公開中です。 保育に関わる人全てに保育がより楽しくなってもらえるよう様々な取り組みをしていきたいと思っています。 Facebook,twitterもやっていますのでそちらもよろしくお願いします!
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他
/
/