子どもにイライラしてしまった時の対処法

子どもとの関わり

最終更新日:2016/08/01

2学期に入ると、個人面談が行われる園があるかと思います。園での子どもの様子を伝えたり、家での様子を聞いたり…中には、家庭や子育ての悩みを、相談される保育士さんや幼稚園教諭さんも多いのではないでしょうか?

私は保護者の方から「忙しいとつい子どもに対してイライラしてしまい、怒鳴ったり、時には手をあげたりしてしまいします。先生はイライラしませんか?どうすればいいのかわからない。」という相談をよくされたのを覚えています。

今回は、そんな保護者の悩みの相談に乗れるよう、『イライラを抑えるための対処法』『イライラしてしまった時の対処法』を紹介します。子どもに対してだけでなく、職場など日常でも参考になると思います。

こんな時子どもにイライラしてしまった!反省…

【オリジナル記事】イライラ_イライラした時

子どもと関わる中でイライラした経験がある方は、多くいるのではないかと思います。そのイライラは人によって違いますが、保護者の方のみでなく、保育士さんでも経験があるようです。

保護者編

保育士編

イライラが全くない人は少ない?!

保護者も保育士もみんな人間です。
日々子どもたちと関わっていると、時にイラッとしてしまうこともありますよね。

多くの方のコメントを見てみると、子どもの行動だけでイライラすることは少ないように思います。自分の状況や、環境、体調が関係し、つい子どもにイラッとしてしまうのではないかと思います。

イライラが大きくなる前の回避術~定期的にリフレッシュしよう~

イライラしてしまった後、「なんであんなこと言っちゃったのかな~」「なんであんな態度とっちゃったのかな~」と後悔することありませんか?

まずは、そうならないためにイライラが大きくならないための方法を紹介します。

『こんな時子どもにイライラしてしまった!反省…』にもあるように、日々の環境の中でのストレスが多いことも考えられるので、定期的なリフレッシュをおすすめします。

好きな事からリフレッシュ方法

【オリジナル記事】イライラ_アロマ

【笑う】
自律神経の切り替えができ、リラックスした状態になります。お笑いなどを見るのもいいですね。

【アロマ】
アロマにはさまざま効果がありますが、自分の好きな香りを嗅ぐだけで、リラックスした気持ちになれます。

【運動】
血行を促進させ、緊張が緩和されます。運動後は疲れても、なんだかスッキリした気分になりますよね。

【音楽を聴く/歌う】
特に、ストレスに良いa波が多く含まれている「モーツァルト」がおすすめです!

【睡眠】
睡眠は免疫力がつきます。逆に睡眠不足は交感神経を活発にさせ、ストレスを引き起こす原因になります。

簡単リフレッシュ方法

【オリジナル記事】イライラ_リフレッシュ

リフレッシュと言ってもなかなか時間が取れないという方も多いと思います。下記の記事では、少し時間が空いたときにできる「リフレッシュ方法」を紹介しています。
おすすめのストレス解消方法と女性の職場の人間関係対策方法

食事からストレスを溜めない方法

【オリジナル記事】イライラ_食べ物_素材

日々の食事から、ストレスを溜めないようにできるなら嬉しいですよね♪下記の記事では、ストレスにオススメの食材を紹介しています。
ストレス耐性強化にオススメの食材

日頃から、小さなストレスを解消しておけば、いざイラッとした時も一瞬冷静になれるのではないかと思います。

子どもにイライラしてしまった時の対処法

普段意識的にリフレッシュしていても、体調などでイライラしてしまうこともありますよね。「わかっていても抑えられなくて、つい感情で怒ってしまった」なんてことも…

そのような時の対処法を紹介します。

子どもの年齢は1歳下に考える

【オリジナル記事】イライラ_赤ちゃん

その都度、年齢・月齢に合った子どもの発達で考えるのは大変かと思いますが、大まかに1歳下の年齢で考えていくのはどうでしょう?

例えば、3歳の子を2歳と考えてみます。

イヤイヤ期で大変だった2歳を考えると、成長したなと感じ、フッと気持ちが落ち着くかと思います。
また、1歳下に考えるだけで、「まだ難しいのかな?」「こんなにもできるんだ!」と思えることもありますよ。

その場から離れてみる

【オリジナル記事】イライラ_トイレ

イライラした気持ちのまま接してしまいそうだ!と思ったら、一旦その場を離れましょう。
トイレなどで一人になってみてもいいと思います。子どもと1対1で離れられない場合は、好きな写真などを見て、気持ちを一旦切り替えましょう。
そうすることで、イライラの本当の原因がわかり、落ち着いて関わることができると思います。

子どもの行動から考えてみよう

【オリジナル記事】イライラ_片付け

【友だちにおもちゃを貸せない】
年齢にもよりますが、2歳3歳であれば、ようやく自分の物への意識が芽生えてきたとき。その気持ちをまずは大事にしましょう。
相手のお友達には、「ごめんね。まだ遊びたいみたいなの」とお母さんから伝えてあげてもいいと思います。

年齢が大きくなってきたら、貸せない理由を聞いてみましょう。
その子の理由があるのかもしれません。

【お片付けがすすまない時】
もしかしたら、満足いくまで遊ぶ時間が足りなかったのかもしれません。
かといって時間が取れない時もあると思うので、事前に時間を決めたり、次への見通しが持てるよう声をかけたりすると、片付けのイライラが減少するかもしれません。

また、片づける場所に問題があるのかもしれません。
箱に写真を貼るなど、わかりやすく環境を整えると片付けも行いやすくなります。

実際に保護者・保育士の方が実践している対処法

私はこうしています!保護者の対処法

お腹の中にいる時から、子どもたちと日々関わってきた保護者の方は、どのように対処しているのでしょう。

私はこうしています!子どもと関わるプロの対処法

さまざまな対処法がありますが、たくさんの子どもたちと日々関わっている保育者・子どもに関わる仕事をされている方は、どのように対処しているのでしょう。

みなさんさまざまな工夫をされているのですね。
イライラの自分を受け入れ、子どもに正直に気持ちを伝えることも時にはいいかもしれません。

また、伝え方もそのまま言うのでなく、ミュージカル風など言い方を変えるだけで、気持ちも変わっていくのですね!

保育者ができることは?

【オリジナル記事】イライラ_支援

保育者も子どもと真剣に関わり、子どもたちの成長を接していますが、お母さん、お父さんは毎日共に過ごし、幼稚園・保育園卒業後も子どもの成長を見守っていきます。子育てが初めての方もいますし、周りに知り合いや、頼れる人がいない方もいます。

また、保育者であっても、実際に子どもを産んで子育てをすると、イライラしてしまうことも多くあるようです。そのくらい子育てが難しい社会になっているとも言えます。

保育者にできることは、多くあると思います。上記のように対処法を伝えるのもそうですし、普段からちょっとした話を聞くだけで、ストレスが解消されることもあります。子どもたちのために、家族支援にも力を入れたいですね。

スポンサーリンク

関連する記事


新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

  1. プロフィール写真

    あいさん(2016年3月14日)

    会員の方のみご覧いただけます

この記事を書いた人

ほいくらいふ運営部
明日の保育がもっと楽しくなるサイト「ほいくらいふ」です。 日々の保育に役立つような制作アイディアや保育の豆知識を公開中です。 保育に関わる人全てに保育がより楽しくなってもらえるよう様々な取り組みをしていきたいと思っています。 Facebook,twitterもやっていますのでそちらもよろしくお願いします!
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他
/
/