ログイン登録

明日の保育がもっと楽しくなるサイト

投稿する
メニュー

後輩保育士の皆さんへ~チームで保育する!を考えよう~

シリーズでお届けしている保育現場のチームワークについて。第2回目は、チームの最前線で保育をしている後輩保育士の皆さんへお届けします!

1回目は、先輩保育士の皆さんにお届けしました!
>『あなたのクラス、チームで保育していますか?』

子どもたちの成長発達を支え、促し、見守っていくにはよりよいチームワークが必要です。

後輩の皆さん、楽しく保育していますか?

あなたの笑顔が子どもたちの安心感を作っています。クラスの先輩とのコミュニケーションについて一緒に考えてみましょう。

先輩と後輩の立ち位置を考える

チーム保育後輩 先輩悩み

「先輩に何か言うのは怖くて…」「注意されてばかりで、認めてもらえないし」そんなお悩みを聞くことがあります。同じクラスを担当していても、経験年数も違えば保育観も違うかもしれない先輩と自分。あなたにとって、先輩はどのような存在ですか?

スポーツのチームプレイを見てみると、一人ひとり決まったポジションというものがあります。チームプレイでは、役割や立ち位置を明確にすることが大事…保育も同じですね。

後輩の皆さん、あなたはクラスの中でどのようなポジションだと思いますか?

クラスのメンバー構成によってポジションはさまざまでしょう。それでもきっと、子どもとの距離が一番近くて、子どもと楽しく遊び込むことができるのが皆さんだと、私は思っています。

チームの中での後輩の役割

チーム保育後輩役割

私は後輩の保育士さんと一緒に仕事をすることが多くありました。いろいろなことに気がついて、率先して行動してくれる後輩はチームの銘プレイヤー。

後輩から「これは何で○○なんですか?」「先生はこんなときどうでしたか?」と、質問されるたびに自分の保育を振り返ったり、あらためて考えたりしたことを思い出します。後輩がいることで、クラスのよいバランスが取れていたのです。後輩のみなさん、あなたが求められている役割はどのようなことだと思いますか?

コミュケーション3つのコツ

チーム保育後輩コミュニケーションコツ

先輩、後輩、お互いの違いを受け止めつつ、保育という場でどうかかわっていけばよいのか?悩みはつきませんが、コミュニケーションに欠かせないのは会話です。会話がたくさんあるクラスは雰囲気が明るいですよね。

そこで後輩の皆さんが、先輩と楽しく会話をするための3つのコツをお伝えします。

積極的に挨拶をしよう
コミュケーションの始まりは、やはり挨拶でしょう。「おはようございます」「今日は暑いですね」など会話の始まりは挨拶から。あなたが笑顔で挨拶をするとクラス全体が明るくなること間違いなし!先輩も笑顔になると思いますよ。
何かを確認したいとき
よくわからないけど、何回も同じことを聞いたら悪いかな…そのような思いになることもあるかもしれません。しかし曖昧なまま行動して後で困らないために「確認してもいいですか?」「もう一度確認のために教えてください」と明るく聞いてみましょう。

そして教えてもらったら「はい」ではなく、言われたことをリピートすることをオススメします。リピートは、思い違いや行き違いを無くすために大事なことです。終わった後の報告も忘れずに!
子どもたちの話をたくさんしよう
一番共通の話題はクラスの子どもたちです。お昼寝時などタイミングをみて「今日こんなことがあったんですよ」「○○ちゃん、可愛かったんです」など、感じたことや子どもの様子を積極的に伝えましょう。
先輩と話をするというより、様子を伝えるという捉え方をしていくと、チームで情報共有にもなりますね。

先輩と合わないと感じたときは

後輩の皆さん、ここまで3つのコツをお伝えしてきましたがいかかがですか?もしかしたら挨拶もしているし、会話もしている…けど、なんとなく打ち解けない、先輩と一緒にいると緊張した空気が流れている…そんなこともあるかもしれません。

私自身、そんな先輩と同じクラスを担当していたころは、辛くて涙したこともありました。しかしその時私を救ったのは「先輩と合わなくても、だからといって自分がダメなわけじゃない!」ということばでした。

仕事の人間関係が人生のすべてではないのです。たくさんの人がいれば、合わない人がいるのはどこの世界も同じですよね。なので合わないことを問題として捉えなくても大丈夫なのです。

先輩とは合わないということはそのまま受け止めて、無理に合わせようとしなくて大丈夫。

ただ相手がどんな相手でも、仕事場での自分をどんな自分にするかを決めるのは自分なのです。合わないけど、仕事場ではいつも笑顔で接しようと決めたら、相手が誰であっても笑顔でいるだけ。

そう、相手を変えることは難しいけど、自分のものの見方は自分次第。

合わない…けど、その中でどんな自分でいるか?あなたは、どう思いますか?

後輩だからできること

チーム保育後輩できること

あなたが後輩でいられるのは、期間限定。あなたもリーダーになる日がそのうちきます。今、後輩という立場だからできること…それはわからないことを聞くこと失敗を恐れず挑戦することです。これは後輩の特権ですね!

先輩に怒られるのが怖い、認めてくれない…という、あなたを違う角度から見てみると、もしかしたらまだ力を発揮していないのでは?そんなことも感じます。

クラスはチームです。お互いの違いを受け止めつつ、あなたらしく今できることを精一杯取り組むことが、チームに活気と明るさをもたらすと思います。先輩は厳しいことを言うかもしれませんが…そんな後輩をきっと応援していますよ。

次回は、園内のパイプ役である主任保育士さんに向けてお届けします!お楽しみに。

スポンサーリンク

合わせて読みたい

新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

コメントをどうぞ

この記事を書いた人

上野里江
保育士歴30年!保育園、幼稚園、子ども園で3000人以上の親子とかかわり、その後3年間療育に携わる。子どもの楽しい、うれしい、面白いを引き出す仕掛けや仕組み作りをサポート。子どもにかかわる大人を笑顔に!をモットーに保育・子育てアドバイザーとしてコミュニケーション講座や子育て相談を行っている。ブログは、子育てママに向けて書いています。→ブログはこちら→HPはこちら
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他

オススメサイト

サービス一覧
/
/