ほいくらいふ >  七草粥の由来~食育に役立つ豆知識~

七草粥の由来~食育に役立つ豆知識~

年間行事

【七草粥】アイキャッチ

ほいくらいふ運営部ほいくらいふ運営部

1,816

お正月も落ち着き始めた1月7日には”七草粥”を食べる風習があります。保育園や幼稚園でも食育の一環として食べることがあるでしょう。

今回は、七草粥という伝統的風習の由来をご紹介します。ぜひ年明けの食育にも活かしてみてくださいね!

子どもたちに伝えたい七草粥の由来

七草粥の由来と意味を知り、子どもたちにもわかりやすく伝えられるよう考えてみましょう。

七草粥の由来

七草粥_由来

七草粥、は「正月にご馳走をたくさん食べ、疲れた胃を休めるために食べる」と言われることが多いですが、本来は、「人日の節句」という五節句(※)の行事の一つです。

人日の節句は中国から伝わったもので中国では、元日は「鶏」、2日は「狗(犬)」、3日は「猪」、4日は「羊」、5日は「牛」、6日は「馬」、7日は「人」、8日は「穀」と、それぞれから新年の運勢を占い、それぞれの日には、当てはめられたものを大切にする風習がありました。人を大切にする「人日」の7日は、7種類の野菜を入れた「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という汁物を食べて無病息災を願うようになりました。

一方、日本では、雪から出た若菜を摘んで食べ自然界から新しい生命をいただく”若草摘み”という風習がありました。それが、中国から伝わった人日の節句と混ざり、七草粥が食べられるようになったと言われています。

※五節句とは1年間に5回ある季節の節目のことで、1月7日「人日」、3月3日「上巳」、5月5日「端午」、7月7日「七夕」、9月9日「重陽」のことを指します。

七草粥に込められた願いとは

七草粥_種類

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろの七つの葉を入れる七草粥。無病息災の願いが込められる他、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという目的も兼ねて食べられるようになりました。

七草粥はいつ食べるの?

七草粥_1月7日

七草粥は1月7日の朝に食べる習慣があります。中国では1月7日に役人の昇進が決定する日でもあったので、朝に出征を願って食べていたことから、朝に食べるようになったと考えられています。

7日の朝に合わせ、6日の夜から準備を始めます。夜間に行う準備は、七草粥の歌を歌いながら七草をまな板に置き包丁などで叩き、無病息災の願いを込めるというもの。7日の朝にお粥を炊いて七草を入れ完成です。

七草粥ってなに?子どもたちへの由来の伝え方

七草粥_正月

中国と日本の風習が混ざった七草粥の由来は、子どもたちにとっては少し難しい内容ですね。子どもたちに伝えたいことを簡単にまとめました。

●子どもたちに伝えたいこと●
・それぞれの七種類の草の名前と意味

・冬は野菜が取れにくく、栄養が偏ってしまうこと

・七草粥はたくさんの栄養を冬に取れるよう食べるものであること

・七草粥は、ご馳走を食べ過ぎて疲れた胃を休めるためのものでもあること

・みんなが元気でいられるよう、残さず食べることは大切であること

現代では冬でもたくさんの野菜が手に入りますが、以前はなかなか手に入らなかったもの。子どもたちには七草粥が食べられるようになった頃の時代背景も伝えながら、野菜を食べることの大切さなどを伝えられたら良いですね。

七草粥に使われる草の種類

七草粥に入れる素材名には、それぞれその名にちなんだ願いが込められています。また栄養面で健康にも良いことが多くあります。

芹(せり)

七草粥_芹せり

・意味→競り勝つ
カルシウム、ビタミンBが豊富なので胃の調子を整え、食欲促進に役立ちます。

薺(なずな)

な七草粥_薺なずな

・意味→撫でて汚れをとり除く
ぺんぺん草とも言い、解毒や利尿作用があり、むくみなどにも良いと言われています。

御形(ごぎょう)

七草粥_ごぎょう母子草

・意味→仏さまの体
御形とは”母子草(ははこぐさ)”のことで、のどの痛みを和らげてくれます。

繁縷(はこべら)

七草粥_繁縷(はこべら)

・意味→繁栄が広がる
ビタミンが豊富なので、腹痛などに良いとさせています。

仏の座(ほとけのざ)

111036

・意味→仏さまが心やすらかに座っている様子
一般的に、子鬼田平子(こおにたびらこ)を指します。食物繊維が豊富で食欲増進につながります。

菘・鈴菜(すずな)

七草粥_菘・鈴菜(すずな)

・意味→神を呼ぶ鈴
蕪(かぶ)のことを言い、ビタミンC、デンプンの消化を助けるジアスターゼや食物繊維が豊富で、便秘解消に役立ちます。

蘿蔔(すずしろ)

七草粥_蘿蔔(すずしろ)

・意味→汚れのない清白
大根のことを言い、風邪予防にもなり、消化不良や二日酔いにも良いとされています。

こんな伝え方もある!七草粥にまつわる歌と絵本

七草粥の由来や七草の意味などを言葉だけで話すのもいいですが、絵本や歌でも楽しく伝えることができます。

七草粥にまつわる絵本

▲『おばあちゃんのななくさがゆ』
きりちゃんという女の子が、おばあちゃんと一緒に七草粥を作るお話です。おばあちゃんが七草粥の由来から実際の作り方まで丁寧に教えてくれます。きりちゃんは、「七草は探せば身近なところにも生息している植物」ということを知り、弟と一緒に探しに行きます。おいしい七草粥は作れるのでしょうか?

七草粥にまつわる歌

▲わらべうた『七草の歌(七草ばやし/七草なずな)』

【歌詞】
♪七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン

歌詞は、地方や家庭によっても違いがあるかもしれませんね。

七草粥_食育

最近は、スーパーなどでセットになって売られている七草。昔はどこにでも生えていた身近な草だったそうです。都会ではなかなか見つけることができないかもしれませんが、お散歩に行った際などに、草に目を向ける良い機会にもなります。

野草探しをする場合には、食中毒などを防ぐためにも、子どもたちが興味を持って口に入れないよう伝え、保育士も注意しながら楽しむようにすると良いですね。

食育・幼児食の資格講座を探すなら「ほいくらいふ資格」をご覧ください!自分に合った講座が簡単に見つかり、無料で資料請求できますよ。
↓【ほいくらいふ資格】はこちら↓
資格_FB_バナー_ほいくらいふ

関連する記事

関連するキーワード

コメント

  1. プロフィール写真

    れいなさん(2016年2月19日)

    食べたくなりました!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を書いた人

ほいくらいふ運営部
明日の保育がもっと楽しくなるサイト「ほいくらいふ」です。 日々の保育に役立つような制作アイディアや保育の豆知識を公開中♪ 保育士/幼稚園教諭二種の資格をとり、私立幼稚園勤務、公立保育園へのボランティア、子どもスポーツクラブのボランティアを行いってきました。 現在は保育に関わるセミナーに参加したり、TwitterやFacebookなどで現役の保育士さんとのつながりを増やすことに力を入れています。 最近のマイブームは甥っ子と公園で遊ぶ事です。
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他
/
/