ログイン登録

明日の保育がもっと楽しくなるサイト

メニュー

卒園式の保育士とママさんの服装・髪型のポイント!

卒園式の髪型

1年の締めくくりであり、別れの季節でもある3月。
保育園や幼稚園では、年長さんの一大イベント、「卒園式」が行われますよね。
式の準備や、子どもたちとの準備も大切ですが、忘れてはいけないのが先生自身の服装や髪形。
卒園式は園生活の節目となる式典ですので、参列する際のマナーがあります。
今回は卒園式に参列する保育士、ママさんの服装と髪型についてのポイントを紹介します。

卒園式での服装のマナー

卒園式は正式な式典ですので、フォーマルな服装で出席するようにしましょう。
新しい旅立ちや成長を感じられる式でもありますが、基本的には「別れの式典」という意味合いをもつので、明るすぎず、派手すぎないものを選びましょう。かと言って暗すぎるとお葬式のようになってしまいます。
それではどのようなものが卒園式にぴったりな服装なのか、まずは色合いや小物使いについて見ていきましょう。

服の色

基本的には保育士さんもママさんも服装に違いはありません。
服の色はダーク系でまとめるのが基本です。黒やグレー、ネイビーなどが望ましいです。白やベージュなど明るい色合いのものもありますが、全身明るい色では周りから浮いてしまう可能性があります。
ジャケットが明るい色ならボトムスはダーク系、スカートやワンピースが明るい色ならジャケットをダーク系にして締めると、メリハリがついて卒園式らしさも出すことができます。反対に入園式や入学式では全身を明るい色でまとめますので、この方法ならトップス、ボトムスの使いまわしもできそうですね。

卒園式の服装

小物

卒園式で意識したいのが小物使い。全身ダーク系でまとめることが多い卒園式ですが、一歩間違うと暗すぎる服装になり、喪服のように見えてしまうことも。小物で華やかさを出すのがポイントです。小物のマナーとしては

・ストッキングは黒ではなくベージュ系を着用
・アクセサリーはパール系のものが望ましい
・靴は黒系が望ましい。つま先が開いているもの、ヒールが高すぎるものは避けたほうがよい

などがあります。最低限ストッキングの色さえ守れていれば、他には特に厳密な決まりはありません。フォーマルさを残しつつ、地味すぎず派手すぎない格好を目指しましょう。コサージュをつけると、簡単に卒園式らしい華やかさを出せるのでおすすめです。

全身黒の礼服やビジネススーツでも出席することは可能ですが、その場合シャツやブラウスを明るい色やフリル付きのものにしたり、コサージュやアクセサリーなどの小物で明るさを取り入れるようにしましょう。

卒園式のアクセサリー

服装のタイプ

フォーマルな服装といっても、ビジネススーツ、セレモニースーツ、礼服、着物、袴と、いろいろ種類があります。卒園式にふさわしい服装について考えてみましょう。

セレモニースーツがおすすめ

卒園式に1番おすすめしたいのはセレモニースーツ。卒園、入園の季節になると、よくお店でも売り出されていますよね。ビジネススーツほど堅苦しくなく、着るだけで簡単にフォーマルかつ華やかさを出すことができます。また素材がやわらかいものが多いので動きやすく、当日も動き回る先生や、子どもと一緒に行動する保護者にもおすすめです。1万円前後からと、意外と安く手に入るので、1着持っておくと役に立ちますよ。

袴は年長担任のみ?

卒園式で袴を着る先生もいると思いますが、袴は年長クラスの担任のみが着用する場合が多いです。各園によりますが、袴を着る場合は準備に時間がかかりますので、早めに確認して準備に取りかかれるといいですね。

卒園式での髪型

 せっかくの式典ですから、髪型も簡単にアレンジして普段とは違う雰囲気を出せるといいですね。美容院でセットするのもよいですが、自分で簡単にアレンジできるヘアスタイルもいろいろあります。ぜひ挑戦してみてくださいね。まずは髪型もマナーから確認していきましょう。

マナー

基本的には服装のマナーと同じです。派手すぎる髪型、ボサボサすぎる髪型は避け、清潔感ある髪型に仕上げましょう。ヘアアクセサリーをつける場合は上品でベーシックなものを選べるといいですね。ベーシックカラーのリボンやバレッタ、パール付きのコームはアレンジも簡単でおすすめです。コサージュやカチューシャをつける場合は目立ちすぎないよう気をつけましょう。あくまで主役は子どもであることを意識しましょうね。

おすすめヘアスタイル

自分でもできる簡単なスタイルとして、編み込みやハーフアップ、ギブソンタック、くるりんぱ、ポンパドールなどがおすすめです。仕上げたあとにヘアアクセサリーで飾れば、十分素敵なヘアスタイルが完成しますよ。それでも難しい場合やショートヘアの場合は、片側だけ飾り付きのピンでとめるだけでも、それっぽく仕上がります。コテで巻いて華やかさを出したり、ワックスやクリームでツヤ感を出してもいいですね。

卒園式の髪型

園のルールを確認しよう

いろいろ服装の種類やマナーがありますが、1番大切なことは「園のルールや雰囲気を確認すること」です。先生にしても、参列する保護者にしても、園によって独自のルールが存在したり、雰囲気が異なることが多々あります。しっかりマナーを守った服装で参加したのに、自分だけ浮いてしまった…なんてことになったら悲しいですよね。今まで参列したことのある先生方や保護者に聞いて確認するのが1番です。最低限のマナーを確認した上で、その園の雰囲気をつかんで参列するようにしましょう。

まとめると、卒園式の服装と髪型は、

・フォーマル感を残しつつ、小物で華やかさを出すこと
・園のルールや雰囲気を確認しておくこと
・子どもが主役であることを意識すること

がポイントです。当日は自分の服装で余計な心配をすることなく、子どもたちの成長と旅立ちを見守ってあげてくださいね。

 
ぽっくる先生のサイトには、保育で役立つ遊びや制作も載っています!
サイトはこちら≫『保育士ぽっくる先生のサイト』
 

スポンサーリンク

合わせて読みたい

新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

コメントをどうぞ

この記事を書いた人

ぽっくる先生
現役保育士♪幼稚園に3年務めた後、保育園へ転職。幼稚園教諭、小学校教諭の免許を持ち、独学で保育士資格を取得しました。家庭教師や学童、塾など、様々な教育現場でのバイト経験もあります。趣味は旅行とカフェ巡り☆彡自身のブログ『保育士ぽっくる先生のブログ』では、日々の保育や壁面、製作など紹介しています(*^^*)→ブログはこちら
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他

オススメサイト

サービス一覧
/
/