ほいくらいふ >  【保育用語集】「感染症」と「感染経路」とは?~意味と解説~

【保育用語集】「感染症」と「感染経路」とは?~意味と解説~

保育用語

感染症・感染経路_アイキャッチ

ほいくらいふ運営部ほいくらいふ運営部

263

感染症とは

感染症とは、ウイルスや細菌が宿主(人)に寄生して、宿主の中で増えていき、宿主から宿主へ移っていく病気を指します。

伝染症との違い

患者から出される分泌物、排泄物などに直接または、間接的に接触し病原体が他者へ感染する病気を指します。1989年に「伝染病予防法」が廃止され、1999年に「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」施行され、「伝染病」より広い意味を持つ「感染症」という用語に統一されました。

学校において予防すべき感染症の種類

主に3つに分類されています。

第1種

種類 出席停止期間
エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、重症急性呼吸器症候群(SARSコロナウイルスに限る)、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎(ポリオ)、ジフテリア、鳥インフルエンザ(H5N1) 治癒するまで

第2種

種類 出席停止期間
インフルエンザ(鳥インフルエンザを除く) 解熱した後2日(幼児は3日)を経過するまで
百日咳 特有の咳がなくなるまで
麻疹(はしか) 解熱した後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふく) 腫脹が発言した後5日を経過し、全身が良好になるまで
風疹 発疹が消失するまで
水痘(みずぼうそう) 全ての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱(プール熱) 主要症状がなくなり2日経過するまで
結核 医師が感染の恐れがないと認めるまで

第3種

コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜熱、急性出血結膜炎、その他の感染症 医師が感染の恐れがないと認めるまで

感染症の感染経路

1.飛沫感染

咳やくしゃみによって、体液で保護されている菌が粘膜について感染します。

対象の感染症例:インフルエンザ、風疹など

2.空気感染

咳やくしゃみによって飛散した菌が乾いた後も感染力は維持して、宿主の体に入り込み感染します。

対象の感染症例:麻疹、水痘(みずぼうそう)など

3.接触感染

病原体がついた部分に触った手で、目や鼻、口を触ることにより感染します。

対象の感染症例:風疹、エボラ出血熱など

4.経口感染

病原体を含んだ食べ物や飲み物の摂取により感染します。

対象の感染症例:腸管出血性大腸菌感染症、急性灰白髄炎(ポリオ)など

●その他感染症記事●
>園での感染症予防方法
>夏の感染症・症状と対応
>冬の感染症・インフルエンザ対策

●参考文献●
小児保健実習 (新時代の保育双書)

関連する記事

関連するキーワード

コメント

コメントは停止しています。しかし、 but トラックバックやピンバックは受け付けています。

この記事を書いた人

ほいくらいふ運営部
明日の保育がもっと楽しくなるサイト「ほいくらいふ」です。 日々の保育に役立つような制作アイディアや保育の豆知識を公開中♪ 保育士/幼稚園教諭二種の資格をとり、私立幼稚園勤務、公立保育園へのボランティア、子どもスポーツクラブのボランティアを行いってきました。 現在は保育に関わるセミナーに参加したり、TwitterやFacebookなどで現役の保育士さんとのつながりを増やすことに力を入れています。 最近のマイブームは甥っ子と公園で遊ぶ事です。
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他
/
/