ログイン登録

明日の保育がもっと楽しくなるサイト

投稿する
メニュー

スキャモンの発達・発育曲線

スキャモンの発達・発育曲線では、人は生まれてから5歳までに神経系は約80%の成長を遂げて12歳にほぼ100%になります。どういうことかというと、考える力が5歳で大人の約80%、12歳でほぼ100%になるということです。

言葉がわからない幼児期にも表情や声色で子どもは話の内容がわかっています。幼児期に形成されたものはその後の生活のベースになっていきます。

大人同士のいじめを見ていれば、それを子どももどこかの時点で真似してしまいます。

スキャモンの発達・発育曲線

リンパ型というのは免疫機能のことです。小学校高学年~中学生に大人の2倍の発達をしますが、思春期を境に100%に戻っていきます。

一般型は体の成長のことです。生殖型は生殖機能の成長のことです。

新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

コメントをどうぞ

この記事を書いた人

/
/