ログイン登録

明日の保育がもっと楽しくなるサイト

投稿する
メニュー

水ぼうそうと帯状疱疹

noimage

水ぼうそうは、水痘ウイルスにより頭の先から足の先まで全身に水疱ができて、発熱する病気です。乳幼児にかかることがほとんどです。
1度かかると抗体ができるので2回目は基本的にはかかりません。

水痘ウイルスは1度、水ぼうそうを起こします。そして、治った後もウイルスは体にとどまり続けています。体の免疫力が低下すると、水痘ウイルスが体で悪さをして発疹が現れることがあります。

これが帯状疱疹です。水ぼうそうも帯状疱疹も同じ水痘ウイルスが原因です。帯状疱疹は水ぼうそうと違い、水疱のできる場所が神経の集まっている部分です。

基本的には左右どちらか一方に出ます。水疱は神経の近くに現れるので痛みを伴います。また、帯状疱疹は1度かかっても何度もかかるので、気づいた時点で早めに病院に行きひどくなる前に治療しましょう。

新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

コメントをどうぞ

この記事を書いた人

/
/