ログイン登録

明日の保育がもっと楽しくなるサイト

メニュー

知育教育

保育における知育教育とは、幼児期に考える力を育てるという意味です。

例えば、知育玩具でよく目にするものは、ひも通しや型ハメではないでしょうか。知育玩具は指先の微細な動きを練習できたり、自分の持っている物の大きさを理解する力が身に付いたりしますよね。

「持っているひもはこの穴なら通せる太さだな」と子どもが学習、身につけていくことを促すのが知育教育です。さまざまなことを遊びを通して覚えていく幼児期には、たくさん体験をさせてあげたいですね。

「知育=考える力を促す働きかけ」であることを忘れないようにしたいです。

スポンサーリンク

合わせて読みたい

新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

コメントをどうぞ

この記事を書いた人

ほいくらいふ運営部
明日の保育がもっと楽しくなるサイト「ほいくらいふ」です。 日々の保育に役立つような制作アイディアや保育の豆知識を公開中です。 保育に関わる人全てに保育がより楽しくなってもらえるよう様々な取り組みをしていきたいと思っています。 Facebook,twitterもやっていますのでそちらもよろしくお願いします!
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他
/
/