ログイン登録

明日の保育がもっと楽しくなるサイト

投稿する
メニュー

知育教育

保育における知育教育とは、幼児期に考える力を育てるという意味です。

例えば、知育玩具でよく目にするものは、ひも通しや型ハメではないでしょうか。知育玩具は指先の微細な動きを練習できたり、自分の持っている物の大きさを理解する力が身に付いたりしますよね。

「持っているひもはこの穴なら通せる太さだな」と子どもが学習、身につけていくことを促すのが知育教育です。さまざまなことを遊びを通して覚えていく幼児期には、たくさん体験をさせてあげたいですね。

「知育=考える力を促す働きかけ」であることを忘れないようにしたいです。

新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

コメントをどうぞ

この記事を書いた人

/
/