ログイン登録

明日の保育がもっと楽しくなるサイト

投稿する
メニュー

アレルギー疾患

アレルギーとは外から入ってくる病気以外のものが体に入ってきた時に体の防衛機能が、過剰に反応して、身体に入ってきたものを体の外へ追い出そうとする働きで炎症が起きることを言います。

食物アレルギーや、花粉、ほこりのアレルギー、喘息もアレルギー疾患です。アレルギーは基本的には完治することは無いそうです。子どものころに出たものであれば、大人になっていくにつれ反応が弱くなることもあるそうです。

食物アレルギーでは、子どもの時にアレルギーと診断されたものが成人までに80%の人が食べられるようになると言われています。

これは小さな体に対して、抗体が働きすぎてしまうことが原因だったため、大人になり大きくなった時に同じように働いても症状が軽く済むからということもあるようです。

食物アレルギーのなかでも、そば、えび、ピーナッツは治りにくいと言われています。3大アレルゲンである乳、豆、卵は腸管が丈夫になる2、3歳ころに出にくくなってくると言われています。

デリケートな問題なので、医師と家族の方針とすりあわせ保育を行っていくといいでしょう。

新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を書いた人

あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他

オススメサイト

サービス一覧
/
/