ログイン登録

明日の保育がもっと楽しくなるサイト

投稿する
メニュー
  • ホーム
  • お知らせ
  • 『ぜったいに おしちゃダメ?』コラボ企画~#春からほいくらいふ 応援キャンペーン~

『ぜったいに おしちゃダメ?』コラボ企画~#春からほいくらいふ 応援キャンペーン~

「ほいくらいふ」はサンクチュアリ出版とコラボし、保育の世界&保育の世界に進まれるみなさんを応援するキャンペーンを実施いたします!

※プレゼントキャンペーンは終了いたしました。ご応募ありがとうございました。

読み聞かせがもっと楽しくなる「ぜったいにおしちゃダメ?」って?

ぜったいにおしちゃダメ最新刊書影

引用:https://www.sanctuarybooks.jp/book-details/book1138.html

先生たちのお悩みの一つ……
一生懸命読み聞かせをしているのに、なかなか子ども達が聞いてくれないということ。
「ベテランの先生が読むとあんなに子ども達がひきこまれているというのに……」と自信を失ってしまうこともあります。

それならば子どもが夢中になる絵本を選んでみるのはいかがですか?

そんな先生たちにオススメしたい絵本が、アメリカで33万部を突破したベストセラー『ぜったいに おしちゃダメ?』です。

この絵本にはたったひとつだけルールがあります。
それは「このボタンを押しちゃダメ」ということ。

(引用)サンクチュアリ出版『ぜったいに おしちゃダメ?』

「ダメ」と言われるとついついやりたくなってしまう。
絵本を触ったり振ったりする「しかけのないしかけ絵本」。

シリーズ累計53万部突破の大人気絵本の最新作は……ゆかいな動物たちが大集合しました!
今回はボタンを押すとどんなことが起こるのでしょう?

こちらの絵本も子ども達が参加して楽しめる工夫が満載です。

◆サンクチュアリ出版 おすすめポイント◆

●参加型だから子ども達が夢中になる
この絵本を読んだ子どもの“97%”が声をあげて笑い、“90%”が「もう1回読んで」とおねだりしました。(日本人の親子300組にモニターアンケートを実施)
●「我慢して」と言われても我慢できない発達段階の2・3歳児さんにピッタリ
おにいさん・おねえさんが小さい子に読んであげても大喜びします
●日本の子どもたち向けに描き下ろしたオリジナル作品
最新刊は作家のビル・コッター氏が来日時に子ども達とふれ合い、「日本の子ども達のために」と誕生した世界唯一の絵本です

現在イラストコンテストも実施されているようなので、園やアートスクールのみんなでイラストを描いて応募してみるのも良いですね!

全4作品が発売中

現在、絵本は3シリーズと大型絵本が好評発売中です。

動画からは絵本が丸ごと楽しめます。
読む方もドキドキワクワクしてしまいますね。


「さわっちゃダメ」な部分がグレードアップ!
一冊目とは違った触り心地が……。


クラスみんなで楽しめる大型絵本も保育園などから大好評とのこと!
お友達と一緒にさわっちゃおう♪

大人が「楽しい!」と思える本じゃないと、子ども達にだってその面白さは伝わりづらいですよね。
子ども達と一緒に触って、はしゃいで絵本の時間を楽しみましょう!

作者はNYで子どもへのアート教育経験あり!ビル・コッターさん

絵本作家のビル・コッターさんが著作と一緒に笑顔の写真

引用:https://sanctuarybooks.jp/webmag/20190125-2476.html

子ども心をくすぐるこのユニークな絵本の作者はアメリカ生まれ・育ちのビル・コッターさん。

絵や音楽が大好きだったコッターさんは大学でアートを学び、ニューヨークへ。
子ども達にもアートを教える仕事に就きます。

「午前中は幼児向けのデイケアプログラム、午後は小学生向けのアフタースクールでアートと音楽を5年間、教えていました。子どもたちと接していてすぐに理解したのは、彼らは一つのことになかなか集中できないってこと。絵本を読み聞かせていてもつまらないとすぐに騒ぎ出すし、長い間じっと座っていられない」
(引用)サンクチュアリ出版 WEBマガジン「子どもたち大笑いの絵本『ぜったいに おしちゃダメ?』はこうして生まれた/ビル・コッター」

コッターさん自身も「子ども達に絵本を楽しんでもらうには?」と悩んだ経験がありました。
これらの経験があって子ども目線で対話的(interactive)な絵本『DON’T PUSH THE BUTTON!』が生まれたのです。

子どもの好奇心は世界共通。
日本でも発売開始から1年足らずで27万部の売上。多くの子ども達がこの絵本をに夢中になりました。

◆ビル・コッターさんのHPはこちら◆
Bill Cotter Illustration(英語)

【終了しました】プレゼントキャンペーンの応募方法

今回は新年度も「保育を頑張りたい」みなさまへ、『ぜったいに おしちゃダメ? ラリー と どうぶつ』を抽選で10名様にプレゼントいたします!
以下の応募方法をよく読んで、皆様ふるってご応募ください!

応募条件

保育教諭・保育士・幼稚園教諭、その他子どもと関わる仕事に就いている方(児童福祉施設、ベビーシッターなど含む)

2020年春から大学・専門学校等の保育学生になる方(幼児教育の課程・通信制の方も含む)
現役の大学・専門学校等の保育学生さん(幼児教育の課程・通信制の方も含む)

保育士試験受験を目指している方
潜在保育士さん(保育士等の資格をお持ちの方)

***

  • ご応募はTwitterまたはInstagramの公開アカウントが必要です。
  • アカウント非公開(鍵アカウント)の方は応募対象外となりますのでご注意ください。
  • 3月末まで日本国内在住の方に限ります(国外へのプレゼント発送はできかねます)

キャンペーン参加~プレゼントの流れ

1.ほいくらいふのTwitterまたはInstagramアカウントをフォロー
2.「#春からほいくらいふ」のタグを付けて、春からの新生活に向けての意気込みや新人保育士さんへの応援メッセージと一緒に投稿してください!
※Twitterの場合は、ほいくらいふのキャンペーン記事のツイートをRT(リツイート)でもOKです!

《投稿例》

《投稿締め切り:2020年3月15日(日)23:59まで》

3.当選した方にのみ3月20日頃までに投稿いただいたアカウントへダイレクトメッセージ(DM)をお送りします。
DMのリンク先から賞品の送り先&簡単なアンケートを記入いただいて当選が確定となります。

4.3月末までにプレゼントを発送いたします。届いたらぜひ、感想も投稿してもらえると嬉しいです♪
※諸事情により上記日程が変更になる可能性がございます。
※商品が届くまでフォローを外したり非公開設定にしたりしないようお願いいたします。

注意事項

・本キャンペーンの内容につきましては主催者の都合により予告なく変更する場合があります。
・ご記入内容の不備、ご連絡が取れない、ご記入いただいた住所に届かない等の場合は当選を取り消す場合がございます。
・虚偽の内容やTwitterが定める規約に反する不正な利用、その他弊社が不適切と判断した場合、予告なしに応募・当選を無効とさせていただく場合があります。
・抽選の結果に関するご質問の受付はいたしかねます。
・個人情報は、適切に管理し、本キャンペーンに係るご連絡、「ほいくらいふ」サービス向上のため、個人を特定しない形で活用させていただく場合がございます。

みなさまの「ほいくらいふ」が楽しいものになりますように……

【参考サイト】
Bill Cotter Knows the Secret to Keep Kids Reading : The Childrens Book Review(2020/02/27)

新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

コメントを残す

この記事を書いた人

/
/