ほいくらいふ >  保育士の給料はなぜ上がらないのか~低賃金の実態と背景~

保育士の給料はなぜ上がらないのか~低賃金の実態と背景~

保育ニュース

ほいくらいふ運営部ほいくらいふ運営部

43,160

先日、現役保育士の方が給与の安さを訴える会見がありました。(保育士の給料アップに関するニュースはこちら≫)Twitterでもある主任保育士の方のツイートが話題になっています。保育士の給料はなぜ低いままなのでしょうか?また、給料のしくみはどのようになっているのでしょうか?

みなさんの声から考えてみたいと思います。

保育士が、安い給与の改善を訴える

保育士給料_訴える

子どもたちの大切な命を預かり、重要な時期に成長を見守り支える役割を担う保育士。大変責任の大きい仕事であり、業務量は多く残業や持ち帰り業務もしばしば…にも関わらず業界全体で保育士の処遇は大変低いとされています。長年働いて給料が上がっても雀の涙ほど…そのような中での勤務は長続きせず、離職率も多い現状にあります。給料が上がれば、離職率も多少改善されるのではないでしょうか。

先日、保育士が給与の安さを訴える会見が行われました。

現役の保育士などが、安すぎる給与の改善などを訴えた。
手取りの月収は、24歳2年目でおよそ11万4,000円、28歳6年目でおよそ14万円。これは、フルタイムで働く保育士の給与明細。

上記の給与の変化を見てみると、2年目で月給約11万4,000円、6年目で約14万円。4年間で約2万6000円しか賃金は上がっていません。参考までに筆者が幼稚園教諭として勤めていた頃、昇給は1年で2000円。10年勤めて立場が変わっても手当はなく、1年目とさほど変わらない給料でした。

Twitterでは、保育士が自身の給料を公表し、リツイートを呼び掛け話題になっていました。現在は削除され見られなくなってしまいましたが、他にも保育士の給料を巡ってさまざまなツイートがされています。その一部を紹介したいと思います。

園によっても給与額に違いはありますが、実際に働いている保育士の方だけでなく、園に通っている保護者の方や保育士の友人の方などさまざまな声がありました。

保育士の給料はなぜ上がらないのか

では、なぜここまで低賃金なのでしょうか?そのことについても考えてみましょう。

保育士給料_なぜ安いのか

保育士の給料のしくみ・運用費の流れ

世論では給料の低さを訴える声が多くあり、行政も改善すると声を上げていますが、なぜ一向に給料は上がらないのでしょう?考えられる原因の一つには、保育園の制度も関係しているのではないでしょうか。

保育園の管轄は、厚生労働省であり、児童福祉施設ということはみなさんご存じですよね。では、保育園の財源はどこからきているのでしょう。認可保育施設の場合、主な財源は公的な補助金と保護者からの保育料です。(ただし認可外保育施設は、東京都の認証保育所など一部の補助対象施設を除いて、基本的に運営費などの補助はなく、保護者からの保育料のみで運営を行っています。)

まず、市区町村が国や都道府県から負担金や補助金、保護者から保育料を受けとり、市区町村から各保育園に運営費が届くようになっています。そこから保育士の給料も支払われているのです。負担金や補助金は税金が使われているため、過大に上げにくく、保育料は”公定価格”で決まっているため、事業者が勝手に上げることも難しいと考えられます。

今後保育士の給料は上がっていくのか

保育士給料_上がるのか

厚生労働省は、平成27年4月から始まっている子ども・子育て支援新制度において、平成29年度末までに約40万人分の保育の受け皿を確保するため、民間保育所で働く保育士の給料を平均5%改善すると発表しています。【参考:厚生労働省】

近年では株式会社の参入も増え、給料改善に取り組んでいる会社もあります。株式会社ソリューションでは、保育士業界で働く保育士全員を対象に、給与水準の最大18%、初任給も業界トップ水準まで引き上げると発表しました。【参照:株式会社ソリューション】

少子高齢化問題及び待機児童問題が深刻さを増す今、このように行政、民間を問わず保育士の処遇改善に向けた取り組みが見られますが、すぐに大幅な改善は難しいでしょう。その間にも離職率は上がっていく可能性もあり、対策の早急化が必要と思われます。

保育士の給与の安さが訴えられる中、園長らが不正!

保育士給料_不正

一方このような給料の安さが問われる中、園長らが園の資金で不正したという悲しいニュースもありました。

2011年度からの4年半に約4600万円の私的流用や使途不明金があったと発表した。男性園長と妻の副園長、会計担当の保育士が、運営費を職員との懇親会や高級車の購入に充てていた。【引用:毎日新聞】

このような事件があると、安い賃金で日々頑張っている保育士の方は心が折れてしまいますよね。まだまだ、保育の仕事は「子どもと遊んでいるだけ」「子どもが帰ったらおしまい」と誤解を受けやすい職業でもあります。

このようなニュースは、処遇改善の必要性を訴える上で、弊害にもなりかねません。実態を伝えるためには、今回現場の処遇の低さを訴えた保育士さんのように、働く人が自ら行動を起こして現状を訴える必要もあるのかもしれません。

保育士給料_考える

子どもがかわいい、子どもの成長を感じられるのがやりがいと思っても、一人の人間として生活もかかっています。実際給与が安く、仕事量も多いことから、実家住まいを採用条件にしている園もあり、自立した生活や家庭を持つことに課題を抱える部分も多くあるのが現状です。

筆者も幼稚園教諭だったころ、実家で暮らしている分には生活ができていましたが、結婚し家を出て子どもを生みたいと考えた時、このままでは生活は厳しいと感じました。園にもよると思いますが、給与が上がると言われつつ、その実感を得ている方は少ないのではないかと思います。

課題が多い保育士の処遇改善問題、皆さんはこの現状を見てどのように感じられるでしょうか。今後の処遇改善への行政、民間双方の取り組みが働きやすさにつながることを願いたいものですね。
ほいくらいふでは、「保育士不足」に関するアンケートを実施しました。「何が変われば保育士を続けられる・復帰できるのか」「給料アップの希望額はいくらか」など保育士を中心とする117名の皆さまの声をお届けします!

記事はこちら≫『保育士給与の希望増加額は約7万円~現場の声から見えてきたこと』

関連する記事

関連するキーワード

コメント

  1. プロフィール写真

    雨ちゃんさん(2016年4月3日)

    低賃金の理由…昇給率が低いことに加え、スタート時の賃金がそもそも低いこともあるのでは。

    公的資金が運用費に充てられているからベースアップは難しいとのことですが、それでは公務員など保育士や介護士以外の職で公的資金を運用費に充てている職業の昇給率も同様に低い?「公務員の低賃金問題」というのは聞いたことがありませんから、やはりスタート時点が保育士や介護士と比べて高いのだと思います。

    また、運用費は、保護者からの保育料も使われるとのこと。保育士の待遇改善には保育料のUPも必要?しかし私が子どもを保育園に預けていた当時も、自分の給料のほとんどを保育料として払う現実でした。海外の保育に目を向ければ、日本の保育料はリーズナブルな方らしいのですが、実感はできません。保育料のUPで保育士の賃金を上げるのは難しいと思います。

    保育士の賃金は、公的資金による補助額を上げ、スタート時の賃金が平均賃金と同等になることが必要ではないかと考えました。

  2. Smithk914さん(2016年9月26日)

    reverse lookup cell phone free christian louboutin shoes you are dkgdcdcefdacadea

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を書いた人

ほいくらいふ運営部
明日の保育がもっと楽しくなるサイト「ほいくらいふ」です。 日々の保育に役立つような制作アイディアや保育の豆知識を公開中♪ 保育士/幼稚園教諭二種の資格をとり、私立幼稚園勤務、公立保育園へのボランティア、子どもスポーツクラブのボランティアを行いってきました。 現在は保育に関わるセミナーに参加したり、TwitterやFacebookなどで現役の保育士さんとのつながりを増やすことに力を入れています。 最近のマイブームは甥っ子と公園で遊ぶ事です。
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他
/
/