ほいくらいふ >  保育を”楽しい”と感じるのはどんな時?保育士・幼稚園教諭のリアルな声

保育を”楽しい”と感じるのはどんな時?保育士・幼稚園教諭のリアルな声

保育ニュース

【アンケート】保育の楽しさ2

ほいくらいふ運営部ほいくらいふ運営部

3,685

「働きたいのに保育園落ちた。もっと保育園増やせよ。」と訴えたブログ『保育園落ちた日本死ね』が注目されており、ブログに共感した人たちが保育制度の充実を求めて国会に署名を提出したり、国会前でプラカードを持ち講義をしたりなどの広がりも見せています。

Twitterでは保護者の「#保育園落ちたの私だ」だけではなく、「#保育士辞めたの私だ」というハッシュタグが作成され、保育現場の過酷さや待遇の悪さが多くの人に届けられています。

保育のマイナス面ばかりが取り上げられている現在。保育の大変さや大切さを伝え、給与改善や働き方の見直しを訴えることはもちろん必要だと思います。しかし、少し寂しい気持ちになりませんか?

一方で、保護者からは保育士への感謝の言葉とともに「#保育士は辞めないで」、現役保育士からは「#保育士辞めない」「#保育を諦めない」と希望が持てる内容も発信されています。

そこで、ほいくらいふでも保育の“楽しさ”“やりがい”というプラス面も発信していきたいと考え、保育士・幼稚園教諭を中心とする250名の皆さまに保育の楽しさやりがい働いている職場の自慢などをお聞きしました!

保育士さんに聞いた!保育の楽しさとは?

保育士や幼稚園教諭の仕事は人との関わりが多く、体力的にも精神的にも大変だと言われます。しかし、子どもや保護者と関わる中で嬉しいこともたくさんあります。保育でどのような時に“楽しさ”“やりがい”を感じるのかをお聞きしました。

保育士楽しい_嬉しいアンケート5

※画像をクリックすると拡大します。

最も多かったのは、「子どもの成長を感じられた時」でした。91%もの方が回答しています。次いで「子どもと信頼関係を築けた時」87%。「保護者に感謝の言葉を述べられた時」73%と、子ども保護者との関係が上位にきています。

保育士楽しい_子ども

“楽しさ”や”やりがい”を感じたエピソードをうかがいました。一部をご紹介します。

子どもの成長が感じられる
毎朝泣いていた女の子が「保育園楽しい」と言って泣かなくなりました。
園に馴染めなかった子どもが、私に対しては安心して感情を伝えてくれた時。
こだわりの強いA君(4歳児)。汽車のレールをつなぐのが得意です。いつもは友だちが、うっかり壊してしまっても「わざとやったんだ!」と怒るA君ですが、ある日壊されても「いいよ。直せば大丈夫だよ。」と言いながら直して遊び続けました。子どもの心の成長に触れられた時が、1番喜びを感じられます。
何気ない子どもの行動で笑顔になることが多い日々を過ごしています。こんなに笑って仕事ができるのは保育士だけではないでしょうか?
練習ではいつもビリだったドッジボール大会。毎日特訓し、本番では2位に!ハイタッチした時の子どもたちの顔は本当に嬉しそうでした。子どもの面白い言動を見られ、毎日が同じではないことが 楽しくて仕方ありません。
年長担当で毎日大変ですが、卒園式の日に子どもたちが巣立って行く姿を見て「保育者やっていて良かったなぁ」と思います。子どもたちとたくさん体を動かし、書類も多いし疲れることも多いけど「先生大好き」と言ってくれる言葉だけで元気になれます。
活動を投げかけた時に「それ良いね!楽しそう!」と子どもが興味を持ってくれた時。
保護者や先輩からの言葉が嬉しい
保護者も慣れてきて、日々の家の様子をこまめに話してくれるようになり、子どもの日々のちょっとした心の変化を感じ取れるようになって共感できる時。
保護者から、「子どもが園に通うようになってから笑顔が増え、明るくなった」と言われた時。
私の園では通知表を一人ひとり手書きで書きます。その内容を主任や園長に「一人ひとりよく見ていて、これを貰ったら親も喜ぶと思う」と言われ、やっていて良かったとやりがいを感じました。

ご回答いただいた中で最も多かった内容は、「子どもの成長」に関するエピソード。また、「保護者の感謝の言葉」や「先輩から褒められた」という内容の背景にも「子どもの成長」があることがわかりました。

保育士・幼稚園教諭を続けられた理由は○○だ!

保育士楽しい_やりがい

保育の職業は、給与が安く責任も重いことから離職率が高く、資格を持ちながら保育士として働いていない”潜在保育士”も全国に68万人いると言われています。しかし、保育士や幼稚園教諭としてやりがいを持ちながら続けている方も多くいます。続けられた理由や秘訣をおうかがいしました。

子ども・仕事が好き
子どもの笑顔を見られ、子どもが好きという自分の気持ちがあるから続けられました。
毎日が同じでないことです。
行事の後必ず達成感ややりがいを感じられる仕事。毎日子どもと一緒にわくわくでき、一緒に成長していけることが楽しいと思うからです。
子どもの笑顔と保護者との信頼関係です。給料が安いと言われることもありますが、子どもと関わりを持って笑わない日はありません。子どもが歩く姿だけでも、子どもが振り返してくれるバイバイだけでも、十分に幸せな気持ちになれます。
私は、出産と同時に1度保育の現場から離れました。その後、補佐として保育の現場に戻りましたが、担任ではないので皆の前で保育ができなかったことで、保育が大好きと気づいたことが1番大きいです!今は担任として毎日楽しく過ごしています。「大好き」と言われて、すごく嬉しいですね!
周りの協力がある
家族の協力。正職員時代には、義母の協力で続けられ、現在は大きくなった子どもや主人がいろいろと家事を協力してこなしてくれています。子育ても一段落して、子どものための休みもなくなったことも大きいです。
職場の環境が良い

643b413c06e8011a8071714b5233502e_s

保育育士の仕事は、残業や持ち帰り業務も多いと言われますが、「働く職場の環境が良い」というご回答もありました。

職場の環境が良い。シフトが希望通り入れます。
新卒1年目で指導してもらった先生に、「保育士は大変なことが多いけど、それと同時に子どもに助けてもらうことが多い」と教えてもらい、それが実感できた時。
自分の子どもがまだ小さいので、急な病気などで迷惑かけてしまう時がよくありましたが、職場の先生たちの育児への理解はどこの職場よりも高く、臨機応変に対応してくれたことが何より助かりました。だから続けようと思えたし、他の職場では無理だと思いました。
1つの園だけに拘らず、複数の園で働いてみて、それぞれの良さがあることに気がつきました。

楽しいだけではなく、家族の支えや同僚との良好な関係が続けられる要因と考えられます。また、結婚や出産後も働きやすいよう、労務管理がきちんと整っている環境があることも大切なポイントでしょう。

私たちの職場自慢!

保育士楽しい_幼稚園共有

最後に働いている職場の自慢をお聞きしました!一部をご紹介します。

人間関係が良い
経験年数や年齢、働き方(正規やパート)に関係なく、発言しても良いことです。
保育士に加え「食品衛生責任者」を取得したので、おやつの内容や衛生について意見できるようになり、それを聞き取って貰えるので、本当にありがたいと感じます。
園長先生と相談しながら保育できること。園庭がすごく広いことです!
保育士が若いけど、挨拶がきちんとできていて明るい雰囲気、食育で畑を作ったり、海に海水浴に行ったり、英語ができたりと、さまざまな活動をしている点。
職場の環境が良い
公園や児童館が隣接しており、施設が広いので保育しやすいことでしょうか。
園庭が芝生。小学校が近く、ふれあいが多いです。
教材や物品が豊富です。
給食がとても美味しいところ。衛生面の管理がしっかりとできているところです。
施設がキレイなところが良いです。
一人ひとりを大切にする、家庭的な温かい保育。0歳児クラスは、1対1の食事を行い、丁寧な関わりを大切にしています。絵本や玩具など、子どもが主体的に遊びに関われる環境設定をしています。職員全員が全園児のことを理解し、みんなで保育し、職員間の連携が良いところも、私の園の良いところです。

ご回答いただいた中で最も多かったのは、「人間関係が良好」でした。やはり毎日関わる先輩や同僚との関係は、仕事をする上で重要ですね。

次いで多かったのが、園庭が広い、保育方針に共感できるなどの「保育がしやすい環境」です。園によって方針や指導方法が異なるので、自分の理想とする保育を行える環境で働けることは大切ですね。

まとめ

保育士楽しい_保育園

今回のアンケートでは、たくさんの「保育の楽しさ」や「嬉しさ」のエピソードをいただきました。どのご回答からも「子どもへの愛情」をたくさん感じられました。知らない人からすると何てことのない子どもとの出来事も、毎日共に過ごしている保育者だからこそ成長を感じられます。それが保育の楽しさであり、保育士として働き続けられる大きな要因となっていることもわかりました。

楽しいことばかりではなく生活をしていくためには、給与や働き方の見直しは改善で、国は保育士不足に対してさまざまな施策を出していますが、中には多くの方が首を傾げてしまうような内容もあります。

子どもと関わる保育士や幼稚園教諭は、子どもの命を預かり未来を背負っている仕事です。今後、この責任の重さと日々直面しながら働いていることを理解した上で改善されることを期待します。

大変な日々の中にも、「楽しいこと」「嬉しいこと」はたくさんあり、「こんなに笑って感動をもらえる仕事はない」そのような声も多くありました。楽しさを忘れず、保育の仕事に誇りをもって働いていることを発信していくことも、保育の専門性を伝えることにつながるのではないでしょうか?

今回、アンケートにご協力いただいた多くの皆さま、全てのエピソードをご紹介したいところでしたが、一部を抜粋し記載しておりますことご了承ください。誠にありがとうございました!

【アンケート記事外概要】
・実施期間:2016年3月11日~3月14日
・実施対象:保育士(76.8%)・幼稚園教諭(11.2%)・保護者(1.2%)・その他(10.8%)
・回答者数:250人
・経験年数:1年未満(14.0%)・2~3年(16.8%)・4~5年(16.8%)・6~10年(24.8%)・10年以上(27.2%)

関連する記事

関連するキーワード

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を書いた人

ほいくらいふ運営部
明日の保育がもっと楽しくなるサイト「ほいくらいふ」です。 日々の保育に役立つような制作アイディアや保育の豆知識を公開中♪ 保育士/幼稚園教諭二種の資格をとり、私立幼稚園勤務、公立保育園へのボランティア、子どもスポーツクラブのボランティアを行いってきました。 現在は保育に関わるセミナーに参加したり、TwitterやFacebookなどで現役の保育士さんとのつながりを増やすことに力を入れています。 最近のマイブームは甥っ子と公園で遊ぶ事です。
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他
/
/