ほいくらいふ >  保育士給料の希望増加額は約7万円~現場の声から見えてきたこと

保育士給料の希望増加額は約7万円~現場の声から見えてきたこと

保育ニュース

ほいくらいふ運営部ほいくらいふ運営部

7,837

「保育園落ちた日本死ね!!!」というブログが波紋を広げており、待機児童問題や保育士不足について今まで以上に改善を求める声が上がっています。それらの声を受け、国会では「保育士の待遇改善」が検討され、「保育士の給料は上がるのか」話題になっています。

これまで国は、保育士不足解消のために対策をいくつか行っていますが、現場の想いとかけ離れた対策もあると感じます。保育士資格を持つ方は、何が変われば保育士を続けられ、または復帰できると考えているのでしょうか?ほいくらいふでは保育士・幼稚園教諭を中心とする117名の皆さまにアンケートを実施しました。

保育士の給料引き上げ法案を国会に提出

待機児童解消のために保育士を増やそうとする狙いで、民主党と維新の党は平成28年3月10日、保育士の賃金を引き上げる法案を議員立法で今国会に提出する方針を固めました。安倍晋三首相は11日の参院本会議で、保育士の待遇改善の具体策を今春に示す方針を明らかにし、「1億総活躍プランで具体的で実効性ある待遇改善策を示し、人材を確保していく」と述べています。

保育士の給料はいくら上がるのか?

当初、1人あたり平均月1万円の賃金上昇を想定し、給料を引き上げる事業者に助成金を支給する方針でしたが、24日、民主・共産・維新・生活・社民の5野党は予定していた月額では不十分と判断し、月5万円引き上げる法案を衆議院に提出しました。対象は保育士だけでなく、幼稚園教諭も含まれています。

現場の声に耳を傾けよう!

117名の保育士・幼稚園教諭にお聞きしたアンケートの内容をご紹介します。

有効だと感じる保育士不足の対策は?

国は保育士不足解消のために、”処遇改善”の他、”朝夕の無資格者の配置”や”幼稚園教諭や小学校教諭の代替保育”などの対策を行うとしていますが、実際に保育士・幼稚園教諭として働いている方は、どの対策が有効だと感じているのでしょうか。皆さまの回答を見てみましょう。

図1111

※画像をクリックすると拡大します。

「処遇改善」が97%と多数を占めるのに対し、「幼稚園教諭や小学校教諭の代替保育」8%、「朝夕の無資格者の配置」は7%と極めて少ない結果となり、無資格者などによる保育参加の対策は懸念されている方が多くいることがわかります。

月給がいくら上がれば保育士を続けられるのか

有効だと感じる対策で最も多かった処遇改善。現場の皆さまは月給がいくら上がれば保育士を続けられると考えているのでしょうか?

【給料】グラフ月給?3

※画像をクリックすると拡大します。

希望する増加額の平均は、¥68,632(回答からのおおまかな平均額です)。一番多かった回答は、「4~5万円」38%。次いで「6~10万円」31%でした。国が当初提示した額の1万円とは約¥59,000の差があることがわかりました。

他事業よりも月11万円低いとも言われている保育士の給料、1万円上げたところで他事業との差は10万円もあります。せめてもう少し平均額に近づいたら希望が持てるのではないでしょうか?

給料を上げるだけで、保育士は確保できるのか?

国は、保育士を集めやすくするための取り組みとして待遇の改善に踏み出しましたが、ただいきなり増加させるだけでは、効果が得られないだろうと懸念する意見もあります。保育士を続ける、復職するために何が必要だと考えるかお聞きしました。

【給料】グラフ続ける?3

※画像をクリックすると拡大します。

やはり「給料アップ」が94%と一番多い結果となりました。給料以外にも「休日・有給取得の増加」58%や「持ち帰り業務ゼロ」51%と、休日や業務量に関する項目も半数を上回っており、保育士の業務量が多いことが伺えるでしょう。「その他」の回答の一部をご紹介します。

残業代を全面支給
園長や主任などの管理職を世襲や就業年数ではなく、公平な人事評価によって決める(適した人材を管理職に)
保育士配置基準の見直し(子どもに対する保育士の数を増やしてほしい)
園長、経営者の考え方を変える。いくら、国で何かを決定しても直接決定し実行する園長、経営者が変わらなければ何の意味もない
保育士の地位向上

保育士の心の叫び

最後に自由回答で、保育士不足を解消するためにはどのような対策が必要かお聞きしました。内容の一部をご紹介します。

やはり切実…待遇改善
残業手当を全てつける。もしくは、残業ゼロを園長主任が指導する
労働の割りに給料が安すぎるから、まず給料を上げて人を集める
給料アップ。そうでないと食べていけない
保育士の給与では、我が子を養うことすらできない。また、スキルアップするための資金にも投資できないため、質も落ちるので改善が必要
公務員との給料の差の改善が必要!
公立保育園の保育士は公務員のため安定した給料だけど、株式会社は会社の一存などで給料が決まるため低い水準が多い。公務員の給料を減らしてでもまずは一般企業の保育士に給料を回すべき
育児休暇がほしい!
1年間の育児休業の義務化
育児休暇等の取得を労働基準法で規則化。また、妊娠しても安心して出産できる環境整備を行う経営者が少ない。結果的に仕事を続ける自信や体力維持・待遇の問題もあり退職に追い込まれるケースが多い
ワークライフバランスの見直しが必要!
残業や持ち帰り仕事をなくす工夫をしなければ、賃金を上げても復職しないと思う。保育業界こそワークライフバランスの取り組みが必要
有休ありながらも、リフレッシュでの休暇も取りにくいため、仕事に疲れ長続きしないのでは?
人間関係が良くなるように…
女性のみの職場は特に人間関係が難しそうなので、男性保育士を混ぜて少しでも働きやすくなるよう環境を整えることも大切
待遇が悪い、余裕が無い状態により人間関係は悪化の一途を辿り、保育の質にも悪影響を及ぼす。待遇改善はもちろん、せめて労働基準法に則った労働時間が守られるようにするべき
保育士の地位をアップ!
保育士も能力をきちんと評価されるように1級・2級など格付けをする
保育の質が人間形成にいかに大切であるか、人間形成の根幹に関わってくるものであり、日本の未来がかかってくる、ということをもっとアピールし、憧れの職業にしていくのも手ではないか
保育士も専門的な勉強を深めたら、資格給みたいなものがあると保育の質も上がるのではないか
書類の軽減を!
事務関係。書類が多く、持ち帰り仕事もあるのでそれを減らす
毎日サービス残業なので書類などの事務仕事の簡素化
子どもに対する人数増加
保育士の数を増やしてもっと子どもに対してきめ細やかに対応できるようにしたらいいと思う。最低基準しか配置しないので、いつも子どもに我慢してもらうことになり、可哀想になる。理想としている関わり方ができないので、辞めたくなる
保育士1人に対しての子どもの人数も0歳で3人、1~2歳児で6人となると乳児はかなり厳しい。基準の見直しも必要
保育士の切実な想い
処遇改善費が国から出ていますが手にしたことがない。園側が上手く私腹を肥やしたり物品を買ったりして給与アップになっていない。結局、何も変わらないのが現実。保育士を通算12年していますが手取額は14万円。正職員。これでは保育士に復職しようと思わないのでは?国や自治体はもう少し保育士処遇改善費をきちんと今の給与よりプラスで支払われているか調べるべき。せめて、手取額が19万20万あれば保育士も復職すると思う
保育士資格のない人を働かせることは逆効果で、現場での混乱やトラブルの元となり、正規職員の負担が増えるのではないか?
保育士だけではない。私は幼稚園教諭ですが、保育士の処遇改善ばかりが騒がれていて、幼稚園教諭についての議論がなされないことに疑問を感じている

給料改善に期待する声が多く聞かれましたが、中には、助成金を園側が使用し、改善されても自分たちの元には回ってこないという心配もありました。また、保育士全員が一律の給料でないことにも注目すべきでしょう。公立で働く公務員の方は比較的多くもらっているため、処遇改善のための資金をどのように抽出するかも課題になってくると考えられます。

それでもやっぱり保育の仕事が好き!

現場の声には、給料アップや人間関係の改善を求める声が多くありましたが、そのような中でも保育士や幼稚園教諭は、子どもたちの存在保育の仕事にやりがいを感じながら誇りを持って仕事をされています。

大変なこともありますが、楽しいことの方が大きい。子どもたちの思わぬ行動、素直な言動に笑わせられながら毎日を過ごしている
もちろん嫌なことや今日は「うまくいかなかったなー」という反省もあるが、自分の存在を認めてくれる上司や、多少の愚痴を聞いてくれる親がいたこと。そして、何よりもクラスの可愛い子どもたちの存在のおかげで続けられていると思う!
子どもの発想が大人とは違うので、驚いたり笑ったりすることが毎日たくさんある。子どもの成長を感じられることや、「大好き」と言ってくれること、笑顔を見られることが励みにる

まとめ

待機児童問題と保育士不足について国はさまざまな施策を行っていますが、何よりも忘れてはいけない存在は”子どもたち”ではないでしょうか?ただ、「保育士や保育園を増やそう」とするだけでは、子どもたちが過ごす場所が好ましくない環境になったり、事故が起こったりしかねないでしょう。

給料の引き上げに関しても、目先の待機児童や保育士不足解消のためだけの視点ではなく、背景に子どもたちが存在することを忘れずに検討する必要があるのではないでしょうか?今後本当に保育士の給料は上がっていくのか、上がることにより保育士不足は改善されるのか、子どもたちのために働く保育者のためにもまずは処遇改善されることを心から願います。

ほいくらいふの掲示板では、「保育士不足や待機児童の増加の問題を解決するためには、どういった改善策が必要だと思うか」意見交換しています。『保育も義務教育化する。小学校・中学校には待機がないという意見を読みました。』などさまざまな意見を聴くことができます。皆さまで語り合いませんか?
≫掲示板はこちら

今回、アンケートにご協力いただいた多くの皆さま、全てのエピソードをご紹介したいところでしたが、一部を抜粋し記載しておりますことご了承ください。誠にありがとうございました!

【アンケート記事外概要】
・実施期間:2016年3月17日~3月24日
・実施対象:保育士(73.5%)・幼稚園教諭(12.0%)・保護者(2.6%)・その他(12.0%)
・回答者数:117人
・経験年数:1年未満(13.7%)・2~3年(15.4%)・4~5年(12.8%)・6~10年(26.5%)・10年以上(31.6%)

関連する記事

関連するキーワード

コメント

  1. いちごさん(2016年3月18日)

    保育士を23年続けています。
    まぁ、私的には、安い給料で長年働いてきている側。
    安い!安い!安い!と思いながらも、仕事にやり甲斐をを持ち続けてきました。まぁ、お金が全てじゃい!
    と言えば綺麗事になりますが、保育の仕事が好きだから頑張ってきました!23年も続けていると、この仕事の水も甘いも経験しています。色んな理由で入って、直ぐに退職したり。色んな若手が多いですね。退職は本人の自由で、とやかく言うつもりもないですが、仕事に対しての向き合い方が、、、と今と昔の感覚ではないのか?と思う様な言動や我慢が足りなかっり、、。嫌なら辞めればいいノリ。仕事に対しての責任。など、軽く考えている人も、増えているのか。なんて時代の移り変わりから伺える。これで、給料が増えたとしても、保育士としての質も上がって行くのか!?と疑問に思う。給料が安かろが、低かろが仕事ついたら、やり遂げる事が前提。なんか、給料安い安いと、言ってばかりいる事よりも、自分の仕事にプライド持っていれば、私は、続けてきている身で、なんか、安い安いと、騒ぎ立てられるいる事が、恥ずかしい感覚になる。そんな感覚の保育士が沢山、いたら逆に嬉しい。。給料が上がれば保育士が戻る。1つの案としては、ありがたいが、、、人対人、色んな面で、

    • プロフィール写真

      ほいくらいふ運営部さん(2016年9月5日)

      いちごさん

      コメントありがとうございます。
      23年間お勤めになっているのですね!

      おっしゃるように給料だけではないですよね。
      保育という仕事の専門性や責任感を理解した上で取り組まない限り、保育の質も上がらないと思います。

      それと並行して給料が上がれば嬉しいですが…。

  2. プロフィール写真

    ホエールさん(2016年3月25日)

    少しずつ国が変わってくれ、子供たちがいい環境の中で育ちますように…。

    その豊かな教育をうけたこども達が、いい人材となり、日本を活性化してくれるはずですよ。

    根っことなる乳幼児期。
    いい教育、保育させたいって親なら誰しも思っているはずです。

    • プロフィール写真

      ほいくらいふ運営部さん(2016年9月5日)

      ホエールさん

      コメントありがとうございます。
      保育士の待遇面だけでなく、その先に未来を担う子どもたちの存在があることももっと知っていただきたいですね。

  3. 颯君ママさん(2016年5月4日)

    保育園幼稚園だけではなく託児所も保育士が働いてます。働くパパやママの為に出来るだけ低料金で勤務時間に合わせて保育時間もしているのにどうして託児所は助成がおりないのですか?保育士の給料upには含まれないのですか?託児所が次々に潰れたらまた待機児童が増えませんか?託児所で働く方はだいたい家庭があり保育園幼稚園のように持ち帰りや行事の仕事が困るのできています。託児所がなくなったら保育士卒業なんて方も多いです。その辺も考えてほしいですね。低料金なのできついのも現実です!

    • プロフィール写真

      ほいくらいふ運営部さん(2016年9月5日)

      颯君ママさん

      コメントありがとうございます。
      そうですね。
      託児所や学童、子どもが育つ場所は多くあります。そして、どの施設も子どもにとっては、居場所です。

      保育所だけでなく、他の施設も同様の議論がされて良いですよね。

  4. こりんさん(2016年9月4日)

    保育士をして、15年は経ちます。途中、臨時職員をし今は正職へ…
    しかし、仕事の量は増えてもホントに低賃金です。手取14万程…37才です。当番もしてクラスも持ち、家で仕事…しますよ。しないと、クラスは回りません。発表会の衣装…運動会の踊り何処で覚えると思いますか?
    家じゃないと出来ません。
    昼休み?ないですよ。子どもが寝てます。
    離れる事は、できないですよね。
    素晴らしい仕事ですが、大変なのは事実です。

    • プロフィール写真

      ほいくらいふ運営部さん(2016年9月5日)

      こりんさん

      コメントありがとうございます。
      私も幼稚園教諭として働いていた頃は、手取り14万スタート。同じように家での持ち帰りの仕事は多く、家族にも手伝ってもらっていました…

      発表会の衣装や台本、小道具、背景全て一人で行わなくてはいけなく、それプラス日常にの業務。本当に多忙ですよね。

      その分感動や楽しさも多くあるのも事実ですね!

  5. プロフィール写真

    ぴょんさん(2016年9月18日)

    保育士も人間なので体力面、精神面、共に健康でないと質の良い保育を維持していくにも限界があると思います。
    もっと、より良い保育のために保育士をもっと理解し、資格者として評価し、見合った手当、有給休暇の消化義務化などの具体的で安定した待遇処置の早急な対応を国をあげて行って欲しいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を書いた人

ほいくらいふ運営部
明日の保育がもっと楽しくなるサイト「ほいくらいふ」です。 日々の保育に役立つような制作アイディアや保育の豆知識を公開中♪ 保育士/幼稚園教諭二種の資格をとり、私立幼稚園勤務、公立保育園へのボランティア、子どもスポーツクラブのボランティアを行いってきました。 現在は保育に関わるセミナーに参加したり、TwitterやFacebookなどで現役の保育士さんとのつながりを増やすことに力を入れています。 最近のマイブームは甥っ子と公園で遊ぶ事です。
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他
/
/