ログイン登録

明日の保育がもっと楽しくなるサイト

投稿する
メニュー

なんで減らないの?少子化なのに待機児童が生まれる理由

ざっくり説明すると…

  • 気持ち悪い?少子化なのに待機児童が増える仕組み!
  • 定員を増やしても待機児童は減らないって本当?
  • 待機児童を減らすにはどうしたらいいの

2017年版関連記事:「#保育園落ちた」「#保育園に入りたい」保護者の声からみる待機児童問題

気持ち悪い?少子化なのに待機児童が増える仕込?

少子化が進んでいるのに、なぜ待機児童が増えているのでしょうか。言葉を聞くだけでは気持ち悪く感じる現状ですが、よく観察してみると理由がわかってきました。

昔は共働き家庭が今ほど多くなく、共働き家庭でも祖父母と同居する家庭が多くありました。子どもを育てる手が昔は今よりも家庭にあったのに対し、今は核家族化が進み子どもを育てる手が、保育園に集中してしまっていることが原因のようです。また、人口が都市部に集中していることも関係しているのでしょう。

保育園の定員を増やしても、待機児童は減らないって本当?

待機児童0に向けて保育園の定員を増やしていくという施策を行っています。しかし、定員を増やせば増やすほど潜在待機児童(認可園に入れないとあきらめていた待機児童)が表に出てくるため、今の増やしている数では足りず、もっと増やしていかなければなりません。

定員を増やすとその施設にさらに保育士が確保できなければ保育の質が落ちることにつながるため、今以上に増やすことが難しい園も少なくありません。

待機児童を減らすには何が有効?

待機児童がどうしたら減るのか、考えている人は多いようです。色々な意見や方法を知って毎日の保育につなげたいですね。

新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

  1. ポーチンさん(2020年7月8日)

    待機児童の問題は、やはり保育園を増やすだけでは、なにもならないと思う。              やはり、国の、問題だと自分的に、考える。

    0

コメントをどうぞ

この記事を書いた人

/
/