ログイン登録

明日の保育がもっと楽しくなるサイト

メニュー

現役保育士の叫び!保育士不足を解決するために本当に必要なことは?

待機児童問題の大きな原因と言われているのが、「保育士不足問題」。

平成29年度末までに、国全体として「46.3万人」の保育士を確保することを目標として、平成25年度の保育所勤務保育士数37.8万人及び平成29年度末までの自然増分2万人を差し引く等により算出した、新たに必要となる「6.9万人」の保育士を増やす必要があります。

保育園で働く保育士の現状として、賃金と労働のバランス、責任の重さなどがあり、その保育士の現状と、国の認識には大きなギャップがあります。
保育士を増やすためには、より財源を確保し、保育士給与の抜本的改革や職場の環境改善などが必要だと思われます。

今回、保育士不足解消のために本当に必要なものは何か、現役の保育士さんの意見をアンケートで集めました。

保育士の希望は処遇改善!国の取り組みもまだまだギャップあり

「国の取り組みとして、保育士不足解消に最も効果があると思うのはどれですか?」という質問に対し、最も回答数が多かったのが「勤続年数・経験年数に応じた処遇改善」57%、次いで「どれも効果はないと思う」が28%となりました。
試験回数増加や試験の一部免除、再就職支援の強化などは10%以下という結果になりました。
処遇改善やどれも効果がないという回答は、後の設問の回答にもありましたが処遇改善はされているが少なく、これでは効果がないという意見が多く見られた結果だと思います。

次に、「以下の対策として保育士不足に最も効果があると思うのはどれですか?」という質問に対しての回答で最も多かったのが、こちらも「保育士の待遇改善」で全体の75%を占め、次いで「働く職場の環境改善」が18%、という結果になりました。
「どれも効果がない」と答えた方は1%で、処遇改善や環境改善に期待していても、国の取り組みとのギャップがあるということが伺えます。

2%の改善では保育士は増えない。潜在保育士は潜在保育士のまま

国の取り組み、また最も効果がある方法として回答数が多かった処遇改善に関して、「今年度より、保育士の処遇改善として月額2%(約6,000円)が給与に上乗せされますが、この改善で保育士不足の解消になると思いますか?」という質問の回答は、月額2%の上乗せで保育士不足の解消になると「思う」と答えた方が4%、「思わない」と答えた方が96%と大きな差が出ました。

《解消になると思う》

「保育士の給料が安すぎるから」
「少しでも賃金が上がればモチベーションが上がるから。」

《解消になると思わない》

「6千円では安すぎる。10万は上げないと」
「2%の上乗せでは保育士の苦労が報われません。」
「今、保育士をされている方は喜ぶが、離職者にはあまり響かない。」
「10万ぐらい上がらないと絶対に潜在保育士は潜在保育士のまま。」
「私立と公立では対応が違う。例えば公立の嘱託保育士は1円も改善されていません。」
「法人による偏りがある。会社がグループ園に配分するから実質手に入らない。」
「実際本当に支給されていても保育者にその金額くるかはわからない!」

やはり2%の改善では足りないという声が多く、また実際に保育士一人ひとりに直接支給されるのではない、園にもよるから意味がないという意見もありました。

保育士を増やすためには、給与はもちろん、業務改善や仕事への理解が必要!

では、どのような方法であれば保育士不足が解消されるのかアイデアを尋ねました。
非常に多くの回答が寄せられ、保育士の皆さんの関心の高さ、なんとかしてほしいという想いが感じられます。
その中の一部の意見をご紹介します。

【給与改善】

「給料をあげること。12万では厳しい。保育士を確保する為に色々と政府がしているが、意味がない。給料が上がれば保育士は増えると思う」
「給料をもっと上げ、勤務シフトを負担なくする。例えば早番専門遅番専門をつけ ローテーションを減らす。普通番が多いとか。行事を減らすとか」
「認可保育園とか正職員を増やせるようにし、給料をもっと上げれるように、仕事量と賃金がやはり見合わない」
「給与及び身分保障を公務員と同等にしたらよい。大変な仕事なのに、なにも保障されていないのはおかしい」
「1人で家賃等払いながら生活できる初任給。一旦離職しても経験年数から支払われる月給など、子育てと同じく経験が活かされる仕事なので再就職で初任給スタートではやる気が出ないし離れていく。」
「保育士の仕事を理解するために現場に足を運んでほしい!!解消法はただ1つ!!労働、待遇の改善のみ!!」

やはり多かったのが、給与などの処遇改善。
他の職種とも比べ平均も低く責任も重い。
基本給がもっと上がらないと続けられないし、増えることはないという意見が非常に多かったです。

【業務改善】

「職場の環境改善、持ち帰りの仕事を減らしたり、業務をなるべく減らして行かないと、仕事量が多過ぎる」
「書類の簡略化。勤務時間中に書類が全くと言っていい程できないため」
「仕事の内容の軽減化やデジタル化などの改善」
「保育士の配置を増やす。0歳は3対1、1歳は6対1、、となっているがグレーゾーンの子や支援の必要な保護者、クレーマーなどクラスで抱える問題が増えてきているので保育士1人1人抱える問題が多くなっている」
「保育所の開園時間の変更。7時から18時など。保育士の負担と子供の負担、保護者の負担を考えると20時まで預けたりするには負担がありすぎる」

業務量が多く、残業もある。
子どもを預かっている時間は雑務ができないため、どうしても残業になってしまうので、そのあたりを改善するためにデジタル化や配置人数を増やす、開演時間を変更するという意見がありました。

【多様な働き方】

「保育科の学生をアルバイトとして雇う、看護助手のように保育助手を雇う」
「子育て後の人がパートで入ってくれる。書類などは資格がないとしない、など確実にすれば人は集まると思う。そもそもパートで入った人に書類を書かせるのはどうかと…それなら違う仕事で同じ金額貰える所を探す」
「休日、休憩を取れるようにして、勤務時間をワークシェアするなどしてでも働きやすくする」
「子育て中の元保育士が働けるような環境を作ってもらえたらいいのでは。4日以内の短時間勤務、自分の子供が病気になった時にフォローしあえる体制づくり等」
「自由に時間を選んで働ける制度や保育士の業務のアウトソーシング(衣装 壁面 ピアノなど)で潜在保育士の活躍の場を作ったら良い」

保育士資格を持たない方でも、保育の経験がある人や近しい人が働けることで、保育士の負担が軽減されるのでは、という声が上がっています。

【保育士試験・資格】

「保育士試験の勉強は子育てにも通じるところがあるので、高等学校で「教養」として教えるのはどうか? 保育士に興味を持つ学生も増えると思う」
「保育士の資格を取得を目指す専業主婦の為の、受験対策勉強会を各地で開いてほしい!(資格取得に必要とするものに対しての金銭的補助が必要‼︎)」
「試験問題見直し、三年以内取得見直し、5教科合格で准保育士とか‥全教科合格で園長資格 主任資格など種類を設ける」

学校の授業で保育を取り入れる、試験対策を積極的に行う、試験科目に応じた資格認定をするという意見がありました。

【その他】

「まず国が国家資格保有者としての地位を認め看護師と同様に専門性の高い仕事と認識すること」
「保育士を増やすのでなく、子ども手当を厚くする、就学前の子供がいる両親のどちらかは5時以降の勤務をしてはいけないなど、保育園に来る子どもを減らすべき」
「待遇や業務量などの職場環境改善はもちろん、設定を自由化し見合った保育料を徴収する必要がある」
「会社に保育園を設ける」

こちらの記事もおすすめ!
給与だけじゃない!保育士が増えない本当の理由とは…

今回のアンケート結果より、保育士の本当の課題、何をすべきかが見えてきました。
やはり最も多かった給与関係。仕事量に見合った待遇や環境にしない限り、長く仕事を続けることや復帰することは難しいようです。
そして、保育士の仕事の専門性や責任・業務量をもっと社会が認識し、保育士という職業の地位向上される必要があります。
業務改善など現場でできることもまだあるかもしれませんが、それでも大変な保育士。
休みがしっかり取れ、有給や残業の制度がしっかりするなど、基本的な働き方の向上も願い、保育士になりたい、保育士を続けたいと思える環境になってほしいです。
 

スポンサーリンク

関連する記事


新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

コメントをどうぞ

この記事を書いた人

ほいくらいふ運営部
明日の保育がもっと楽しくなるサイト「ほいくらいふ」です。 日々の保育に役立つような制作アイディアや保育の豆知識を公開中です。 保育に関わる人全てに保育がより楽しくなってもらえるよう様々な取り組みをしていきたいと思っています。 Facebook,twitterもやっていますのでそちらもよろしくお願いします!
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他
/
/