ログイン登録

明日の保育がもっと楽しくなるサイト

メニュー

認定こども園に変更!?不安なのは幼稚園教諭??

ざっくり説明すると…

  • こども園に期待している保護者多数◎メリットはここ♪
  • ちょっと待って?心配なことはこれ!
  • 実は一番不安なのは幼稚園教諭!?

認定こども園に期待する保護者多数◎子どものためにもぜひ入れたい理由はこれ!

認定こども園は保護者の経済状況や、就労状況に関わらず子どもを預けることができます。そして、保育園のように0歳児から預けることができ、3歳児からは幼稚園と同じ教育を受けられるので安心して長く預けることができますね。

ちょっと待ってママ友の心配はこれ

認定こども園に通う家庭の中には、専業主婦家庭兼業主婦家庭のどちらもが存在しています。そのため、行事などでは、専業主婦家庭が中心で役員をやることが増えてしまったり、役員に参加できない兼業主婦家庭が気おくれしてしまったりと人間関係が心配というケースもあるのだとか。

幼稚園ママのデメリット

運動会などイベントの多い幼稚園には、「役員」や「父母の会」などの会がある園も多く、平日の昼間にもお手伝いなどで園に行くことが多くあります。

けれども、お仕事をしている保育園ママは参加することができません。そうなると「どうしてあの人は来ないのに私たちだけ手伝いをするのか」という不満が生まれます。

幼稚園ママの中にも内職をしたり幼稚園の短い保育時間に短時間のパートで家計を助けている主婦が多いのが現実です。その中、保育園ママと幼稚園ママの立場による活動レベルの格差は、納得のいくものではないというものがあるようです。

保育園ママのデメリット

働くママにも事情のある方は多いでしょう。自営で夫婦ともに日中お店を開いている方もおりますし、家計の事情や介護問題など…。

幼稚園ママからはなかなかわかりにくい問題もあり、本来なら幼稚園に入れて運動会などのイベントにも積極的に参加したかったけどできない…というママもたくさんいるのですが、どうしても「子供を顧みずキャリアを追うパワフルママ」のイメージを持たれがちな働くママ。
【引用元:mamari】

不安を抱えているのは幼稚園教諭も一緒だった。

通常幼稚園であれば、3~5歳児を9:00~14:00くらいの時間の保育を行います。認定こども園では保育園の良いところである長時間保育を取り入れるため、7:00~16:00までの保育時間に合わせ延長保育が行われます。

現在の人数ではシフトを回すことができなくなるため、勤務時間と人を増やす事に不安を抱える先生も多いのだとか。始まってみなければわからない制度がうまくいくことをみんなが願っているのですね。

外部サイト

スポンサーリンク

関連する記事


新着一覧

ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

  1. プロフィール写真

    しょーこさん(2015年2月11日)

    確かに勤務時間が変わるのはプライベートの過ごし方にも影響が出そう。

コメントをどうぞ

この記事を書いた人

ほいくらいふ運営部
明日の保育がもっと楽しくなるサイト「ほいくらいふ」です。 日々の保育に役立つような制作アイディアや保育の豆知識を公開中です。 保育に関わる人全てに保育がより楽しくなってもらえるよう様々な取り組みをしていきたいと思っています。 Facebook,twitterもやっていますのでそちらもよろしくお願いします!
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他
/
/