ほいくらいふ >  病院

病院

働く職場紹介

ほいくらいふ運営部ほいくらいふ運営部

119

病院では2パターンの働き方があります。

入院している子どもを保育する保育と、看護師さんなど病院で働く親の子どもを病院内の保育施設で見る保育です。

入院している子どもを保育することを一般的に病児保育と言います。

(病児保育は基本的に病気のため普通の保育所には行けない子どもたちを預かり、保護者が働いている間保育することを指します。病院以外でも病児の保育をしている保育園もあります。)

病児保育

日本では病気の子どもを見る専門的な資格がないため、保育士と看護師が協力して子どもを保育しています。

保育士の専門性と看護師の専門性を互いに共有しながら子どもに関わっていける仕事なので、保育だけでなく看護も学べる良い職場になっています。

24時間シフト制になってるので子どもの生活を支えていける貴重な仕事です。

院内保育

病院で働く看護師さんなどの子どもを保育する施設です。

病院で働く親は、夜勤があるため、普通の保育園に子どもを迎えに行けないので院内の保育施設に預けていることが多いです。

特徴としては24時間シフト制の保育になっていて保育施設が院内(敷地内)にあることが多いです。

普通の保育園とは違い勤務時間がバラバラにはなってしましますが、子どもの生活に長くかかわることができるのでたくさんの発見ができる仕事になっています。

スポンサーリンク

関連する記事


新着一覧 ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

コメントをどうぞ

この記事を書いた人

ほいくらいふ運営部
明日の保育がもっと楽しくなるサイト「ほいくらいふ」です。 日々の保育に役立つような制作アイディアや保育の豆知識を公開中です。 保育に関わる人全てに保育がより楽しくなってもらえるよう様々な取り組みをしていきたいと思っています。 Facebook,twitterもやっていますのでそちらもよろしくお願いします!
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他
/
/