ほいくらいふ >  障害児入所施設

障害児入所施設

働く職場紹介

ほいくらいふ運営部ほいくらいふ運営部

100

障害児施設とは、2012年度の児童福祉法の改正により知的障害児・身体障害児・盲聾あ児・発達障害などさまざまな障害に対応できるようにするために、それぞれ分けていた施設を障害児施設として1つに統一されました。

障害児施設は障害の程度によって医療型福祉型の支援が行われています。

例えば、軽度知的障害児や盲聾あ児などであれば、生活の支援や地域社会に自立していくための支援(作業所などでの軽作業など)が中心になっていきます。(福祉型)

重度知的障害児の場合、知的障害の他に別の障害を一緒に持っている場合も多く、その場合地域社会に進出するための自立支援は難しく、生活の支援が中心になっていきます。

どちらの施設にしても障害の特性を理解し支援していくことが重要になっていきます。障害児施設の現状としては18歳未満の児童の入所とされているが、18歳を迎えても施設を対処せずそのまま残るケースも少なくありません。

入所施設のため24間シフト制になっています。障害の知識や対応方法が身に付く特色のある施設です。

スポンサーリンク

関連する記事


新着一覧 ライター記事一覧

関連するキーワード

コメント

コメントをどうぞ

この記事を書いた人

ほいくらいふ運営部
明日の保育がもっと楽しくなるサイト「ほいくらいふ」です。 日々の保育に役立つような制作アイディアや保育の豆知識を公開中です。 保育に関わる人全てに保育がより楽しくなってもらえるよう様々な取り組みをしていきたいと思っています。 Facebook,twitterもやっていますのでそちらもよろしくお願いします!
あそび 行事・催し物 コミュニケーション 学びとキャリア その他
/
/