タグ: 信頼関係

  • 障がいのある子どもの保護者との信頼関係の築き方

    障がいのある子どもの保護者との信頼関係の築き方

    障がい児の保護者とのかかわり方で悩んだことはありませんか?配慮が必要な子の場合、サポートが必要な面などで保護者との連携も増えてくるでしょう。連携を行う上で信頼関係を深めることは大切です。保護者とのかかわり方のポイントを事例とともにお伝えします。

  • 保護者対応~保育園で良好な関係を築いてクレームを防ぐコツ~

    保護者対応~保育園で良好な関係を築いてクレームを防ぐコツ~

    保育士の仕事の1つ保護者対応。うまく関係が築ければよいけれど、嫌われてたら?クレームを受けたら?と考えると不安になりますよね。自分の経験から保護者と良好な関係を築いてクレームを防ぐコツをお伝えします。

  • 子どもたちと信頼関係を築く第一歩

    子どもたちと信頼関係を築く第一歩

    新年度に向けて、保育園や幼稚園、学校、塾などで新たに先生になられる方へ、子どもたちとの信頼関係を築く、ちょっとしたコツをお教えします。もちろん、ご家庭でも使えるコツですので、パパ・ママも参考になります。

  • 子どもの自主性と主体性~”支配と管理”から”受容と信頼”へ(後編)~

    子どもの自主性と主体性~”支配と管理”から”受容と信頼”へ(後編)~

    保育における”自主性・主体性”とはどのようなことを言うのでしょうか?みなさんも保育を学ぶ中で、”自主性・主体性”という考え方に接してきているでしょう。しかし、”自主性・主体性”の意味を保育で必要なレベルで本当に理解し、実践することは簡単ではありません。今回は、保育における”自主性・主体性”をより適切に理解することで、より良い保育実践につなげてもらいたいと思います。

  • 保育で1番大切なこと~”支配と管理”から”受容と信頼”へ(中編)~

    保育で1番大切なこと~”支配と管理”から”受容と信頼”へ(中編)~

    「”支配と管理”する保育から”受容と信頼”する保育へ」をテーマに全3回に渡ってお伝えしています。第2回目は、「”受容と信頼の保育”を理解し実践していくと、より保育が楽しくなっていく」ということを事例を用いてお伝えします。

  • 子供がついてくる保育を!~”支配と管理”から”受容と信頼”へ

    子供がついてくる保育を!~”支配と管理”から”受容と信頼”へ

    今までの記事の中で、子供と信頼関係を築くためには、子供たちのありのままを受け入れる受容が大切だと述べてきました。しかし、実際には子供に”○○できる”を求めることによって、”支配”する保育を行うことが当たり前になってしまっていることがあります。今回は、「”支配と管理”する保育から”受容と信頼”する保育へ」をテーマに全3回に渡ってお伝えいたします。

  • 信頼関係の築き方~大切なプロセス「受容」とは?~

    信頼関係の築き方~大切なプロセス「受容」とは?~

    なぜ「信頼関係」が重要なのか、信頼関係を築ていくことで、子どもたちは人を信用することを身につけていきます。 信頼関係を築くうえで「受容」することは、とても大切です。一昔前と現在では、子どもたちを取り巻く環境が変わってきているため、保育の中でも受容するプロセスが大切になってきます。

  • 子どもと信頼関係を築くには…3つの大切なこと

    子どもと信頼関係を築くには…3つの大切なこと

    「信頼感を築くためにはどうしていけばいいか」そのヒントはくすぐりのお話しのなかにあると述べました。くすぐりには子どもが育つために大切な、積極性、共感性、身体の心地よさ(スキンシップ)の3つが含まれています。その3つに信頼関係を築くためのヒントがあります。

  • 子育てが難しい今保育士に求められること~保育士おとーちゃんのコラム~

    子育てが難しい今保育士に求められること~保育士おとーちゃんのコラム~

    子育てアドバイザー「保育士おとーちゃんこと須賀義一」さんのコラムスタート。 子育てが難しくなってきた現代、保育士ができることは、求められることは何かが紹介されています。 具体的なアプローチの方法もお伝えしています。